8月の非農業部門就労者数は15.1万人増と、市場予想の18万人を下回る結果となりました。
失業率は4.9%で市場予想の4.8%よりも弱い数字ですが、、転職が当然のように行われる米国では5.0%以下ならば完全雇用と言っても良いと思います。(市場予想よりも悪くても関係なし)

非常に悩ましい数字という印象ですね。単月だけ見れば予想以下ですが、重要視される6~8月の3ヶ月平均は23.2万人で堅調の目安となる20万人を大きく超えています。これはかなり強い数字です。

また、もともとエコノミストからは「8月は下振れ数字が発表されて、後に上方修正される傾向が高い」といった声もあがっています。過去5年の平均では上方修正の平均は7万人だそうで、今回も同じならば市場予想を上回る結果になります。もっとも、これは“タラレバ”の話でどうなるかは分かりません。

もう一つの利上げポイントとも言われる、民間部門の平均時給は、前月比0.03ドル上昇で前年同月比で2.4%UPでした。先月よりもペースが鈍化して市場予想にも弱い内容です。
ただし、消費者物価指数の伸びを大きく上回っている事を考慮すれば悪い数字ではないと思います。

個人的には数字を見る限りは9月利上げは可能だと思っていますが、マーケットを納得させるだけの決定打が無いので、実行できるかと言われれば難しいと思います。

全体的な雰囲気としては「9月の利上げは無いかもしれないけど・・年内実施の可能性は高いのでは?」といった感じだと思います。

不透明感から乱高下する可能性も?

9月、10月は市場が乱れる事が多いのですが、今回の雇用統計が灰色状態?となってしまったので、乱れる要素が加わった形です?暫くは心理面での一喜一憂で株価が動くような気がしています。

一方で、各企業の決算は強い内容が多かったので株価が下落しても怖い局面では無いと思っています。こういった時に積極的に仕込むのが私の投資手法です。

ただし、今の段階だと利上げの時期が分からないので、今後の有利なセクターがハッキリしません。こういった時は中途半端に予想するよりも、ETFなどで「すべてのセクターを買ってしまうのが簡単」というのが私の考えです。

個人的には、高配当株で構成されるバンガード 米国高配当株式 ETF(VYM)や優良500銘柄のバンガード・S&P500ETF(VOO)あたりを狙っていく方針です。

米国株・海外ETFに強い証券会社は? ~取引条件がこんなに違います~

米国株は、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。ただし、取引条件においては日本株に近い感覚で取引が可能な証券会社もあれば、「成行注文ができない」「指値期間が短い」など、改善が望まれる証券会社もあるのが現状です。

証券会社によって注文条件がこんなに違う!(2016年3月末現在)

指値・成行・逆指値OK
【有効期間:90日】
SBI証券
指値OK
【有効期間:7営業日】
楽天新ロゴ
指値・成行OK
【有効期間:当日限り】

≪管理人の体験談:成功ポイント≫
米国株の取引は基本的に夜中に行われますので、注文方法や指値の有効期間はとても大切だと思います。個人的な感想としてはマネックス証券の90日間の有効期間はとても魅力的だと思います。管理人は、希望価格に指値をして“ジックリ待つ長期戦略を実施”するようにしてから運用成績が飛躍的に向上しました。

マネックス証券に関しては、売買手数料や取扱銘柄数などが業界最高水準となっているのでSBI証券や楽天証券よりも総合的に優位性が高いと思います。
【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

海外ETF・米国株といえばマネックス証券
マネックス証券_米国株
 情報が豊富で初心者でも安心! 

●業界最安値水準の手数料で米国株ファンから高い支持。
●取り扱い銘柄はネット証券随一で他社の2~3倍。
●初心者から米国株オンラインセミナーが大好評!
●特定口座に対応しているので面倒な手続きナシ。

詳細・口座開設はコチラ>>マネックス証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載の企業情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。