最近の株価を見て、「タイミングを逸した~、今更買えな~い」と嘆いている人もいるかもしれません。

私個人の意見を述べれば、まだまだ株価は上限ではなく、年末にかけて上昇が続くと思っています。
日本に関しては、もともと日銀追加緩和で盛り上がっているところに、「増税先送り&選挙」という大きなプラス材料が加わりました。

選挙に関しての予想では自民党の圧勝という声が多いので、筋書き通りにいけば、今後の規制緩和や成長戦略の速やかな実行を期待して外国人の買いが入ると予想されます。

大きなトラブルが無ければ、年明けくらいまでは順調に株価が推移していく可能性が高いと考えています。
こういった時は、市場全体が上昇するので無理に個別株を狙わずに、ETFや投資信託でも良いかなぁ~と思います。(注目はMAXIS JPX日経インデックス400上場投信ひふみ投信

米国の11月~1月は期待が大きい

米国市場は、もともと11月~1月は株価が上昇する傾向があります。
そして、今年は経済が昨年よりも好調なので、クリスマス商戦も期待して良いと思います。

また、原油価格の下落は、大きな追い風です。米国はGDPの7割が個人消費が占めています。車文化の米国では、消費のマイナス材料にガソリン価格の高騰がありました。
このガソリン価格が数ヶ月で2割程度も下がったので、その分が消費に向かっていくと予想されています。

米国株は個別株を狙うのが面白いのですが、敷居が高いと感じる人にはS&P500に連動するETFも面白いと思います。(東証にもSPDR S&P500 ETF等が上昇しています)

●管理人が考える投資の注意点は?

米国株に関しては、心配は不要だと思っています。株価上昇の裏付けが、好調な経済ですので暴落等が考えづらい状況です。正直言ってネガティブ材料が見当たりません。アメリカ自体には不安が無いので、ヨーロッパや中国の経済状況をチェックする程度で、それほど神経質になる必要は無いと思います。

それに対して、日本株は期待上昇ですので、選挙結果やその後の政策が期待外れの場合は、大きく下落する可能性があることには注意が必要です。選挙等の追い風で大きな上昇が期待できる日本株ですが、ある程度の利益が得られたら欲張らずに利益確定も考えたほうが安全だと思います。

米国投資 管理人オススメの証券会社
海外ETF・米国株といえばマネックス証券
マネックス
 海外投資もNISA口座が適応で大評判 

●海外投資の情報が多いので初心者でも安心。
●手数料は業界最安値水準で圧倒的。
●取り扱い銘柄はネット証券随一で他社の2倍以上。
●特定口座対応で面倒な手続きナシ。

資料請求>>マネックス証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。