今年は、独立1年目で出費も多く資産の目減りも覚悟したのですが、円安の影響もあり投資が好調で、予想以上に資産を増やす事ができました。
現在の預金を含むトータル資産は約5700万です。昨年の同時期は約5000万でしたので、700万程度は増えた事になります。(12月19日現在)

生活の出費が多い一年だったので、収入からの積立がほとんど出来ず、「預金⇒積立&米国株」という資産移動のスタイルでした。投資成績は平々凡々で目を引くものはありません。リスクが低い方法(積立投資)や将来性が高い市場(米国)を中心に、投資金額を大きく増やしたので絶対利益額も大きくなったという事だと思います。

円安効果で投資信託と外貨MMFが大幅UP

投資信託と外貨MMFの積立を行っていますが、積立投資は購入タイミングを考える必要が無いのが魅力です。周囲では「今は株価が高いから・・」と投資に踏み切れない人がいるのですが私は全く気にしません。正直言って投資タイミングを綿密に考えて積立をしても、機械的な定期積立の場合と結果はほとんど同じだと思います。★私のメイン積立商品⇒セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

むしろ、投資のタイミングを考えすぎて、積立額が増えない場合は将来の絶対利益額も小さくなる可能性があります。私は世間から「今は高値圏では?」「ここから下落かも?」という声を聞いても、一切無視して積立の増額を行いました。今後も同様の方針で進めて行きます。
※外貨MMFの積立に関しては為替差益の非課税メリットが2015年12月末までなので、ギリギリまで引っ張って利益確定します。★参考⇒外貨MMFは2015年末までに売却?

日本株から米国株へ転換

先行き不透明感が高い日本株を全て売却して、将来期待が高い米国株にシフトしました。現在の世界状況を考えると、米国市場がもっともリスクが低く将来性が高い市場だと思っています。2015年~2年後の大統領選挙に向けて強気相場が継続だと予想していますので、引き続き投資額を増やしていきます。
★関連⇒米雇用統計が強い!ガソリン価格が下落で先行き景気も期待

ちなみに、私は米国株の購入時に-8%の価格で逆指値(損切り)を設定します。利益確定の基準は+30%程度が多いです(銘柄により違います)。日本株でも同様ですが、ある程度ルールを決めて置いたほうが結果は良くなるような気がします。

来年の投資

特別な変更は考えていません。基本的に積立投資がメインで米国投資がサブという感じです。若干の微修正は行いますが、積立投資をメインにする方法で資産が増えているので大きな修正は不要と考えています。
ドル高・円安基調も継続すると思うので、外貨ということを意識した投資を継続していきます。(細かい方針については新年早々に発表する予定)

来年は外貨MMFを解約する予定なので現金比率が高まってしまいます。預金のメリットはあまり感じていないので、積立投資の増額や米国投資にまわしていく予定です。



●米国株はマネックス証券が好条件でオススメ!
海外ETF・米国株といえばマネックス証券
マネックス
 海外投資もNISA口座が適応で大評判 

●海外投資の情報が多いので初心者でも安心。
●手数料は業界最安値水準で圧倒的。
●取り扱い銘柄はネット証券随一で他社の2倍以上。
●特定口座対応で面倒な手続きナシ。

資料請求>>マネックス証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。