SBIホールディングス株式会社第6回無担保社債(社債間限定同順位特約付)
が、登場です。少し早めのクリスマスプレゼントかな?

●期間:3年2ヶ月
●利率:2.00%
●募集期間:2014年11月25日(火)~12月4日(木)※ネット申し込みは11月25日・26日
●申込単位:100万円以上100万円単位
●取扱証券:SBI証券、大和証券、みずほ証券

結論から言って、「買い!」の社債だと思います。

私の社債に対する投資スタンスは、「最低でも300万くらいは買う!」という考えです。株式や投信と比べて安全性は高いのですが、リターンは小さいので、ある程度まとまった金額を購入しないとメリットを感じません。

ちなみに今までは、SBIホールディングスの社債は敬遠していました。
それは、私にとって300万を投入するだけの材料が無かったということです。

現在のSBIさんの財務状況を確認すると、簡単に言えば「利益が出ている上に、お金も回っている状態。」
期間中の3年程度で企業が消滅する可能性は限りなく低いと感じました。

ソフトバンクの劣後特約付社債は、NO!

「ソフトバンクの劣後特約付社債」
●期間:7年
●仮条件:2.30%~2.80%(中央値2.55%)
●募集期間:2014年12月4日(木)~12月18日(木)
●申込単位:100万円以上100万円単位
●取扱証券:SBI証券、大和証券、みずほ証券、三菱UFJモルスタ証券、SMBC日興証券

こちらは、正直言って全く興味がありません。ソフトバンクは好きな企業ですが、株式の方で応援させていただきます。(成長性が高い企業なので、社債よりも株の方がメリットがあります)

また、借金を利用して成長するビジネスモデルなので劣後債は、ちょっと不安です。(基本的にソフトバンクは優良企業だと思います)
※劣後債って何?⇒劣後債は金利が魅力

今回は管理人としては珍しく社債の話でした。ちなみに、冒頭でお話した「SBIホールディングス債」は、大人気の「SBI債」とは微妙に違います。
「SBIホールディングス債」は国内債券ですが、「SBI債」は海外発行の円建債になります。どうでもよい豆知識ですね!

【追記】

前回のブログに続いて、ソフトバンクにネガティブ内容になってしまいました・・ゴメンナサイ。
前の記事⇒ソフトバンクの誤算!?先が見えないスプリント
誤解の無いように言っておきますが、私はソフトバンクという企業は大好きなんですよ(^_-)-☆

●SBIホールでイング債・ソフトバンク債の取扱が決定(SBI証券)

人気社債の販売・国債キャンペーンが充実
SBI広告
個人投資家から圧倒的な支持!

●個人向け国債を50万購入で1000円バックのキャンペーンを常時実施
●“お宝債券”と呼ばれるSBI債は、SBI証券の専売
●商品が豊富にあり、SBI証券でしか購入できない商品が多数

資料請求>>SBI証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。