年明けはユックリ相場を眺めているつもりでしたが、珍しく売買を1月から行いました。それだけ相場が動いた月であったとも言えます。今回は直近で売買した銘柄を書いていきます。備忘録みたいなものですね!

2015年になって利益確定した米国株

基本的に長期保有のつもりで購入した株ですが、相変わらず我慢が足りません。
2015年に入ってから、以下の2銘柄を利益確定しました。

オフソテック(OPHT)
昨年の8月or9月?に購入した銘柄です。利益は45%ほど得たので満足しています。
2016年に新薬が承認される可能性があることから、長期保有と思っていましたが、昨年末から急上昇したので利益確定しました。また買いのチャンスがあるかな?

ゼネラルモーターズ(GM)
昨年10月に購入した銘柄です。年初に売却して15%の利益でした。
通常は30%利益を目指すのですが、別の自動車関連で狙っていた銘柄が下がってきたので乗り換え売却です。GMは配当も良かったので、この選択が正しかったかどうかは分かりません。

2015年に入ってから購入した株

完全な逆張り戦略ですので、今が旬な銘柄を探している人には参考にならないと思います。
数年間は保有することを前提に銘柄を選択しています。リスクは高めの銘柄ですが、大化けの期待もあり利益50%くらいを目標にしています。

iシェアーズ MSCI ロシア・キャップトETF(ERUS)
昨年後半に購入して数週間で30%ほど利益が取れた相性が良いETFです。
先日、ロシアが予想外の制作金利を2%引き下げを発表したので再び購入しました。ルーブル急落でロシア政府の考えは理解不能ですが、外貨準備高も潤沢なので当面は安心して見ていられます。

モービルアイ(MBLY)
昨年の8月に上場してから株価が60ドルまで上昇を続けましたが、最近は下落基調で上場初値付近です。
まだ底値がハッキリしませんが将来性は高いので思い切って購入しました。
数年後には大化けしてくれるのでは?と密かに期待しています。

今週末の雇用統計は、気をつけましょう!

米国GDP速報値が予想を下回った事で、投資家心理に警戒感があります。こういった時に雇用統計でネガティブな結果が出た場合は、マーケットが大きく乱れる可能性があります。

ただし、各指標を検証する限り「雇用統計ネガティブサプライズ=米国経済失速」とは思えません、その時は全力買いを考えています。(年末にはNYは2万ドルover?)
(取り合えすは、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)かな?)

こういう書き方をすると、悪い雇用統計を願っているみたいですが、決してそういうわけではありません。良い内容を期待していますよ(笑)




●海外ETF・米国株はマネックス証券が好条件でオススメ!
海外ETF・米国株といえばマネックス証券
マネックス証券
 情報が豊富で初心者でも安心! 

●毎月、米国株の無料オンラインセミナー実施(銘柄紹介あり)
●手数料は業界最安値水準で圧倒的な低コスト。
●取り扱い銘柄はネット証券随一で他社の2倍以上。
●特定口座に対応しているので面倒な手続きナシ。

資料請求・詳細はコチラ>>マネックス証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。