2月米雇用統計が発表されました。
注目の非農業部門就労者数は前月比29.5万人増で、市場予想の23.5万人増を大きく超えてきました。
寒波やら雪もあったのですが・・今の米国は、この程度では勢いが止まりませんね!

しかし、NYダウは278ドルの急落といった結果となりました。理由は明白、利上げ&ドル高に対する懸念、そして利確心理です。だいたい以下みたいな感じかな?

●雇用統計を受けて、JPモルガン、バークレイズ等が次々と6月の利上げ可能性をコールしたので、売却の空気に!
●強い指標でドル高になったので、グローバル企業の収益圧迫懸念という負の想像連鎖が追い打ちをかけました!
史上最高値を達成で、利益確定を探っていた投資家がたくさんいたのも、想定以上の下落に繋がったと思います。

 
まぁ、分かりきっている事ですが、何も心配いらないと思います。
良い経済指標が出たのを、想像力で無理やり悪い情報に変換しただけですので、いつものパターンです。
落ち着けば再び史上最高値を目指す方向になると思います。

下がった!さぁ投資はどうする?

管理人のスタイルは、こういった時はタイミングをみて買っていきます。200日平均移動線まで、あと500円くらいはあるので、もっと下がっても不思議ではありません!上手に拾えば高いリターンも狙えるのではないでしょうか?
★200日平均移動線に注目⇒米国株の投資データ!売買のチャンスはいつ?

いつもの繰り返しになりますが、こういう理由がハッキリしない下げの時はジョンソン・エンド・ジョンソンなどは仕込みのチャンスだと思います。(連続増配の代名詞ですから長期的に楽しめると思います)

また、1ヶ月前にブログで購入を示唆したモービルアイは、あれから購入を継続しています。ブログを書いた時期は下落の真っ最中でしたが、先週くらいに下げ止まりの兆候があり、今週は上昇に転じています。
多少の利益は出ていますが、銘柄のポテンシャルから考えて、上値はずーっと、ずーと先にあると思っています(笑)、引き続き攻めていきたいと考えています。

米国の将来予想をした場合、史上最高値の水準がこの程度とは到底考えられません。短期的な見方をするから慌ててしまうのであって、長期視点で見ていけば急落なんてチャンスにしか見えないというのが私のスタンスです。

ちなみにNYダウの過去のデータによると、4月はもっとも上昇率が高い月になります。頭の片隅に入れておくと良いかもしれませんね。



●海外ETF・米国株はマネックス証券が好条件でオススメ!
海外ETF・米国株といえばマネックス証券
マネックス証券
 情報が豊富で初心者でも安心! 

●毎月、米国株の無料オンラインセミナー実施(銘柄紹介あり)
●手数料は業界最安値水準で圧倒的な低コスト。
●取り扱い銘柄はネット証券随一で他社の2倍以上。
●特定口座に対応しているので面倒な手続きナシ。

資料請求・詳細はコチラ>>マネックス証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。