金相場は、低迷が続いています。
1トロイオンス(31.1035g)が1200ドル前後なのですが、この1200ドルという価格は、金鉱山の生産コストと言われているので、相当な低水準価格だと考えられます。

今までは、こういった価格水準になった際には、中国の現物需要が上昇して買い支えられていたのですが、景気減速に加えて賄賂の規制が強まっており、金の販売が鈍っている状況です。
※前年と比べて金流入が30%以上減少したと言われています。

今後、しばらく金価格は低迷と予想されていましたが、中国人民銀行が21日に突然の利下げを発表したことで、金やプラチナが反発しました。特にプラチナは、現在の価格は生産コストを大きく下回っている言われていたので、反動が大きかったです。

今後はどこまで上昇が続くかわかりませんが、現在が低水準なことに加えて、ドルと同様に世界的な資産ですので、購入を検討するには良い時期かもしれません。

金資産を巡り、スイスで大注目の国民投票

金投資の市場では、30日に実施される国民投票に注目が集まっています。これは「中央銀行の資産20%を金で保有する」ことについて是非を問う内容。

本来であれば、こういった一定の金保有を義務ずけるような内容は、金融政策にはマイナス面もあるので、否決されるのが普通です。しかし・・世論調査では賛否が拮抗している状態です。
これは、ユーロなどの既存通貨に対しての不安が反映されている状態とも言えいます。

この投票で賛成が上回れば、スイスは1500トンの金を購入する事になると試算できるので、金価格には大きな上昇要因となると思います。また、否決された場合でも、世界で報道される事で「金の安全資産」として注目が高まる可能性があります。

●金投資への情報が充実 マネックス証券

純金積立のマネックス・ゴールド
投資情報が満載で初心者も安心!

●1,000円という小額から購入可能!一定量が貯まったら純金に変換可能
●毎月5,000円程度の購入ならば最安値水準
●金(ゴールド)以外にも銀(シルバー)・白金(プラチナ)も購入可能
●金についての最新情報が定期的に発信されるので安心

詳しい情報・資料請求>>マネックス・ゴールド

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。