投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

インテル(INTC)

世界最大の多国籍半導体メーカー

Intel【ティッカー:INTC】 1968年に設立 決算12月

1990年代後半から現在まで世界第トップの半導体メーカーとして君臨。特にCPUシェアでは約80パーセントと圧倒的です。また、M&Aによる業務拡大を図っており2014年3月、ウエアラブル端末開発のベーシス・サイエンスを買収しました。
現在はパソコンへの依存度を減らす方向で新商品を次々と投入しています。クラウド需要により、サーバー向け半導体を扱うデータセンター部門が急成長を遂げています。NYダウ工業株30銘柄(2017年3月現在)

【速報:2017年3月13日】
インテルが成長分野である自動運転でエヌビディアを猛追?世界の運転支援・事故防止ソフト市場シェアの70%を占めるモービルアイの買収合意を発表しました(9ヶ月以内の完了を目指します)。1株当たりの買収価格は現金63.54ドル。自動運転に関する企業の買収案件としては過去最大規模。

 

決算速報・目標株価・過去の実績

【2017年1月26日発表 10-12月期決算】

●純利益は前年同月比で1.4%減の35億6000万ドルでした。
●1株利益は0.79ドルで、市場予想の0.74ドルよりも強い。
●売上高は前年同期9.7%増の163億7000万ドルで、市場予想をクリア。
●データセンター事業が8.4%増の46億7000万ドルに拡大。

目標株価・配当利回り:基準日2017年4月19日
基準日・株価 目標株価 PER 配当利回り
35.91$ 41~43$ 15.18倍 3.03%

・目標株価はアナリスト等が提示するものを、任意抽出して平均・最頻値から勘案。
・個別株のデータは情報提供が目的で、売買を推奨するものではありません。
・いずれも独自考察・調査の為、正確性は保証されていません。

過去の実績データ
年度 売上高(100万$) 純利益(100万$) 1株利益($) 1株配当($)
2013年12月 52,708 9,620 1.89 0.90
2014年12月 55,870 11,704 2.31 0.90
2015年12月 55,355 11,420 2.33 0.96
2016年12月 59,387 10,316 2.12 1.04

当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。提供している情報によって不利益を被ることがあっても当方は一切の責任を負いません。

米国株に強い証券会社は? ~取引条件がこんなに違います~

米国株は、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。ただし、取引条件においては日本株に近い感覚で取引が可能な証券会社もあれば、「成行注文ができない」「指値期間が短い」など、改善が望まれる証券会社もあるのが現状です。

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2016年11月末現在)
証券会社 手数料 銘柄数 指値期間 時間外取引
マネックス証券 安い 多い 90日間
SBI証券 安い 普通 15営業日 ×
楽天証券
高い 普通 当日限り ×

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

≪管理人の体験談:成功ポイント≫
米国株の取引は基本的に夜中に行われますので、注文方法や指値の有効期間はとても大切だと思います。個人的な感想としてはマネックス証券の90日間の有効期間はとても魅力的だと思います。
管理人は、希望価格に指値をして“ジックリ待つ長期戦略を実施”するようにしてから運用成績が飛躍的に向上しました。

売買手数料や取扱銘柄数、取引条件など総合的に判断するとマネックス証券の優位性が高いと思います。また、定期的に米国株WEBセミナーがあり、‘市況や話題の銘柄’などが配信されるので注目です。

米国株表題


マネックス証券_米国株

米国株 注目の50銘柄

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

米国株 注目の50銘柄

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.