投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

円高なんて恐くない!もしもの時の為替対策

  • HOME »
  • »
  • 円高なんて恐くない!もしもの時の為替対策

米国株が上昇しても、円高になったら損をするという誤解?

米国株をはじめてとする海外投資には、円安に振れれば為替差益が得られるとうメリットがあります。
「今後の円安を期待して米国株の投資をはじめた!」という人も多いのではないでしょうか!?

また、反対に「万が一、円高方向に振れたらどうしよう?」という不安を抱えながら米国株を保有をしている人も見受けられます。このページでは、円高予想時でも利益が狙える方法を説明します。

米国株と同額の米ドルを売建するだけで完了!

結論から言えば、FXを利用して円高対策を行います。FXと言うと「失敗して大損・・」というイメージもあるかもしれませんが、それは利益を追求した博打的手法をとるからです。ここで紹介するFXは「為替変動から資産を守る方法(リスクヘッジ)」で“お守り”のような優しい存在です。

では、相談者の株太さんの事例を交えて説明します。あまりの簡単さに拍子抜けしないようにしてください。
※1米ドル=120円と仮定 事例は説明用の架空話。

株太《Q.円高になるかも?でも株は売りたくない、どうしたら・・》
株太君は、米国株を10,000米ドル(※日本円で120万)保有しています。保有している米国株は優良銘柄で今後も値上がりが期待できるので売りたくない・・・、でも円高になりそうな雰囲気で為替損も恐い・・毎日ビクビクしながら株価を眺めています。

 

kaoru《A.為替ヘッジを行えば大丈夫!》
株式と同額のドル円をFXでの売建するだけで完了です。
株太君の場合は10,000米ドル(※日本円で120万)を売建取引すればOKだよ。
5分程度で、誰でも簡単に出来ちゃう方法だから、憶えておくと便利です!
株太君の半年後の結果は、このようになりたました。

株太君はFXを為替ヘッジ取引を行って半年が経過。予想通り米国株はグングン値を上げ120,000米ドルにまで達しましたが、円高という悪い予想も当たってしまい1米ドル=120円が105円へとなってしまいました。さて収益の結果は・・?

【株価】 残念ながら、円高に足を引っ張られ利益は6万円に留まりました。
当初  10,000米ドル×120円=120万円
半年後 12,000米ドル×105円=126万円

【FX 】売建分を決済したら、何と15万の利益がでました。
当初の1米ドル=120円が105円になったので、1ドルあたり15円の利益
売建は10,000米ドル行ったので×15円で15万プラス

2株太《最終結果》 ※スワップなどの手数料は考慮していません。
株式の利益6万+FXの利益15万=合計で21万の利益
FXで為替ヘッジを行ったおかげで、しっかりと利益がだせまました。
(儲かったからって、浮かれすぎはダメですよ!)

FX為替ヘッジの注意点は?

今回のように円高予想を立てて、その通りの結果になれば良いのですが、反対に円安になってしまった場合はFXで損失が発生して株式の利益を削る結果となってしまいます。

為替ヘッジの手法は株式の利益を守る方法ですので、為替が予想と違う方向に進んだ場合は速やかに決済してFXの損失を最小にとどめる事が大切です。(FXは株式の利益を守る為の脇役!FXで利益狙いは×)

FXで米ドルを売建玉を保有していると、その期間中はスワップポイントというコストが発生する可能性があります。1日あたりは小さな金額なのですが、数ヶ月も保有していると大きな金額になっていく可能性があります。為替ヘッジ対策でFX会社を探すときは売建てスワップが小さい会社を選ぶ事が大切です。

注目【SBI FXトレードの『積立FX』は長期投資で魅力】
FXはリスクが高いイメージがありますが、SBI FXトレード『積立FX』が長期投資に向いている“新タイプのFX”として注目されています(積立型FX)。 管理人は、このサービスを利用しているので円高ヘッジもSBI FXトレードを利用しています。
【参考】積立FX 口座開設のメリットをFPが解説

 

円高対策の強いFX会社 ~支払うスワップ金利に注目しよう~

現在、米国が日本よりも金利が高いために、米ドル/円の売りポジションをとった時には金利の支払いが発生(スワップ)します。1日あたりは小さな金額ですが、3ヶ月・半年と経過するにしたがい金利負担が雪だるまのように膨らんでしまいます。

海外投資の為替対策としてFXを利用する場合は、売りスワップが小さな会社を探すのがポイント!個人的には売りスワップが小さいDMM FXや、SBIFXトレードなどが効率面で良いと思います。

【参考資料】2015年7月8日現在の米ドル/円の売りスワップをもとに、金利負担額を計算しました。
(下記の表:10万米ドルの売りポジションを3ヶ月【90日】維持した場合) 

米ドル/円の売りスワップの負担がこんなに違う(10万通過を3ヶ月)
DMMFX
約▲900円
大手FX会社A
約▲9,000円
FX13社
約▲12,150円
計算条件:2015/7/8 ドル/円1万通貨の売りスワップ DMMFX▲1円、大手A社▲10円、13社平均▲13.5円

注意:実際にはスワップ金利は日々変動しますので、あくまでも参考目安です。会社によって金利負担額が違うことを理解してください(FX13社は任意抽出)

DMMFXは「他社よりもコストが抑えられる!?」「取引ツールやチャートが分かりやすい」という口コミが多い人気FX会社ですが、「米国投資の為替ヘッジでスゴイ」という隠れた魅力も持っています。円高対策用のお守りとして口座を保有しておくのも良いと思います。

【参考】DMM FX 口座開設のメリットをFPが解説

DMM FXバー

DMMFX案内DMM FX

※FX国内口座第1位は2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)


【大好評】初心者のための本気でFX!1級FP技能士の辛口アドバイス


掲載の企業情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。提供している情報によって不利益を被ることがあっても当方は一切の責任を負いません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.