投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

日本株と米国株の違い

日本株との違いを確認

現在は、国内の証券会社からも米国株が購入できるようにりました。
取引方法に関して大きな違いはありませんが、細かく見ていくと米国株と日本株では若干の違いがあります。下記の表にまとめましたので、確認してから取引に臨んでください。

日本株 米国株
銘柄
コード
4桁の数字
例:ニトリ【9843】
アルファベッド
例:コカ・コーラ【KO】
購入単位 100株単位・1000株単位 1株
取引の費用 安い 100円程度~ 高い 各社バラバラ
為替手数料 なし あり 各社バラバラ
配当の回数 年2回が多い 年4回が多い

補足説明

●銘柄コード

日本市場では4桁の数字ですが、米国市場ではアルファベッドになります。
アップルであればAAPLアマゾンならばAMZNといった感じです。このアルファベッドはティッカーシンボルと呼ばれており注文の際はこれを使って取引を行います。企業の頭文字を使用しているものが多いので、慣れてしまえば数字よりも簡単だと思います。

●購入単位

日本は100株単位で売買というのが主流ですが、米国では1株から購入可能です。
ただし、あまり細かく購入すると手数料負担が大きくなるので、管理人は日本円で10万~20万程度を目安に購入しています(手数料効率は金額が大きいほど良くなる)

●取引費用・為替手数料

米国取引では円をドルに替える際には為替手数料が発生します。また取引手数料も日本株と比べて高く証券各社で開きが大きいので、シビアに証券会社を選んだ方が良いと思います。
【参考:米国株取引 ネット証券を徹底比較

●配当

日本株は年に1~2回の配当が普通ですが、米国株に関しては基本的に年4回の配当を出す企業が大半を占めます。3ヶ月に一度のペースですので、配当狙いの人には嬉しいシステム。
配当利回りも日本企業よりも高めなので、それを目当てに米国株を始める人も多くいます。


米国投資は大型の優良銘柄に注目NYダウへの投資が魅力!

 

米国株に強い証券会社は? ~取引条件がこんなに違います~

米国株は、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。ただし、取引条件においては日本株に近い感覚で取引が可能な証券会社もあれば、「成行注文ができない」「指値期間が短い」など、改善が望まれる証券会社もあるのが現状です。

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2017年3月末現在)
証券会社 手数料 銘柄数 指値期間 時間外取引
マネックス証券 安い 多い 90日間
SBI証券 安い 普通 15営業日 ×
楽天証券 高い 普通 当日限り ×

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

≪管理人の体験談:成功ポイント≫
米国株の取引は基本的に夜中に行われますので、注文方法や指値の有効期間はとても大切だと思います。個人的な感想としてはマネックス証券の90日間の有効期間はとても魅力的だと思います。
管理人は、希望価格に指値をして“ジックリ待つ長期戦略を実施”するようにしてから運用成績が飛躍的に向上しました。

売買手数料や取扱銘柄数、取引条件など総合的に判断するとマネックス証券の優位性が高いと思います。また、定期的に米国株WEBセミナーがあり、‘市況や話題の銘柄’などが配信されるので注目です。

★マネックス証券の口座開設・詳細確認は以下からどうぞ

米国株表題

マネックス証券_米国株


【米国株3大ネット証券を徹底解説】
 マネックス証券
好条件が揃うオススメNO.1
 SBI証券
米国株の貸株サービスあり
 楽天証券
海外ETFの本数が豊富

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.