投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

配当金に対する税金

配当金は二重課税なので注意!?

米国株式の配当金に関しては、まず米国内で租税条約に基づいた税率で10%が源泉徴収され、差し引かれた金額に対して日本国内でも20.315%が課税されます。
確定申告については源泉徴収されているので必須ではありません。

つまり、米国と日本の二重課税になっています。
米国株は配当金額が大きい銘柄が多いので、二重課税であっても相対的に国内銘柄よりも配当金メリットはあります。しかし、大きいからこそ勿体無いような気がしますね!

二重課税は解消できる

米国・日本の二重課税というのは、不利益で我慢ならないという人もいると思います。
この二重課税を排除するため、外国で課された税額を日本の所得税や住民税から控除する規定が設けられており、この規定を「外国税額控除」といいます。

外国税額控除は、確定申告をして総合課税または申告分離課税を選択した場合に限られます。詳しくは近隣の税務署等にご相談ください。

●管理人 二重課税のスタンス

二第米国株の場合は、特定口座を利用しても配当に関しては二重課税から逃れることはできません。「外国税額控除」を利用すれば解消できるのですが、それには確定申告という手間が必要になります。
つまり、手間をかけるだけの配当金を貰っているかがポイントになります。周囲を見ると年間配当額が10万以上から確定申告するケースが多いですね。

【注目】米国株のオススメ証券 マネックス証券が人気の理由

米国株に強い証券会社は? ~取引条件がこんなに違います~

米国株は、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。ただし、取引条件においては日本株に近い感覚で取引が可能な証券会社もあれば、「成行注文ができない」「指値期間が短い」など、改善が望まれる証券会社もあるのが現状です。

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2017年3月末現在)
証券会社 手数料 銘柄数 指値期間 時間外取引
マネックス証券 安い 多い 90日間
SBI証券 安い 普通 15営業日 ×
楽天証券 高い 普通 当日限り ×

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

≪管理人の体験談:成功ポイント≫
米国株の取引は基本的に夜中に行われますので、注文方法や指値の有効期間はとても大切だと思います。個人的な感想としてはマネックス証券の90日間の有効期間はとても魅力的だと思います。
管理人は、希望価格に指値をして“ジックリ待つ長期戦略を実施”するようにしてから運用成績が飛躍的に向上しました。

売買手数料や取扱銘柄数、取引条件など総合的に判断するとマネックス証券の優位性が高いと思います。また、定期的に米国株WEBセミナーがあり、‘市況や話題の銘柄’などが配信されるので注目です。

★マネックス証券の口座開設・詳細確認は以下からどうぞ

米国株表題

マネックス証券_米国株


関連情報 ●売買益(譲渡益)に対する税金


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.