投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

マネックス証券 口座開設のメリットをFPが解説

投資初心者には心強い会社!~有益な投資情報が多い~

マネックス証券は、株式・投資信託・IPOなど多くの金融商品を取扱う総合証券です。
投資初心者~ベテランまで幅広い層から人気が高く、一部の個人投資家からは「マネックス証券を利用したら、他の証券会社では取引ができない!」という声があるほどです。

マネックス証券の利用者からは「他社よりも使いやすい」「分かりやすい」という意見が多く聞かれます。「投資は資産運用」という概念を根っこに持っている会社なので、取引ページを見ても難しい専門用語などは極力避けているのが分かります。

投資初心者や経験が浅い人から、評価が高いのも納得です。

また、有益な投資情報が多いことでも評価が高く、投資経験が少ない人にとっては大きなサポートになると思います。セミナーやレポート情報の為に口座開設を行う人がいるほどですので、注目して欲しいと思います。

1第一《管理人から見たマネックス証券》
投資初心者から「どの証券が良いですか・・?」と聞かれたら、マネックス証券の名を最初に挙げると思います!? 投資経験が長い管理人から見ても「こんな良い情報が、本当に無料なの?」と感じる事が多々あります。個人的には投資成績の大半は情報で決まると考えているので、管理人とっては不動の必須証券です。

 

これが本当に無料?質の高い情報が得られます

投資情報の提供は全ての証券会社で行われますが、レポートやセミナー(無料・オンライン)の質ではマネックス証券の優位性が高いと感じている投資家が多いと思います。

各証券とも情報提供に積極的ですが、量が多いだけで内容が薄い粗悪な商品も一部で見られます。マネックス証券の発信する情報は正統派なものが多く管理人もレポートに目を通すのが日課になっています。

◆取引後の市況概況 ―まとめ―

営業日の夕方(18時くらい)に、当日マーケットのまとめと明日への視点が書かれたものが発信されます。簡単・客観的に書かれていて5分程度で読むことが可能です。投資の勉強がする時間が無い人は、これだけでも読んでおくと良いと思います。

◆相場に大きな変動が起きたときは緊急レポートに注目!?

市場が混乱が起きた時は、いろんな情報が出てきて振り回されてしまいます(失敗の原因)。こういった大きな変動があったときは、マネックス証券からは専門家から緊急レポートが発せられるケースが多くあります。管理人は緊急レポートを参考にすることで危険回避やチャンスを掴む事が出来た経験があります。

◆無料オンラインセミナー、これが無料って本当?

マネックス証券は、口座保有者限定で無料のオンラインセミナーが頻繁に行われます。その内容は多くの人が注目する日経平均株価はもちろんですが、米国株や中国株といったマニアックなものについてもセミナーが開催され最新情報が提供されます。

リアルタイムで見れなった人も、後日に過去の収録分一覧から見ることができます。専門家の意見がタイムリーに聞けるのは大きな魅力だと思います。

マネックス証券公式サイト

株式手数料は最低水準、逆指値の活用でリスク回避!

マネックス証券は株式売買の手数料が安いというメリットがあります。大手ネット証券4社の比較では、取引頻度が高いと言われる20~30万のボリュームゾーンで最安値水準となっています。
(2016年8月1日現在・1約定ごと 以下参照)

会社名 約定10万 約定20万 約定30万 約定50万
マネックス証券 100円 180円 250円 450円
SBI証券 139円 185円 272円 272円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 250円
楽天証券 139円 185円 272円 272円

●株式売買では、「逆指値」機能を利用しよう

マネックス証券の株取引では、「逆指値」が利用できます。
例えば1株1,000円で保有しいる株に対して900円の「売りの逆指値注文」を出しておくと、株価急落などに襲われても900円(設定価格)で自動損切りが行われるので大きな損失を回避できます。

「株式投資で大損した」という事態は避けられますので積極的に活用して欲しいと思います。
参考までに管理人は、保有価格の8~10%下に逆指値を入れる事が多いです。

投資信託は1,000円から積立が可能、他では買えない商品も!

2016年11月末現在、約950本の投資信託を取り扱っており、800本以上が積立投資に対応してます。
積立は月々1000円から可能ですので、お小遣いの一部を利用して投資を行う事ができます。

また、他では手に入りずらい投資信託の取扱いがある点も注目。例えばスパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドなどは、大手ネット証券で購入可能なのはマネックス証券だけとなっています。

IPO・純金積立・米国株式への投資では必須的な存在感

IPO投資(新規公開株)は利益が大きく伸びる可能性があり人気が高い投資です。ただしIPO株は、お得意様などに優先的に割り当てられ一般投資家が入手できないケースがほとんどです。しかし、マネックス証券の場合は全てを完全平等抽選で配布しますので、誰もが当選チャンスがあります。

【参考】マネックス証券 IPO抽選方法

また、人気が急上昇中の米国株においては、業界で圧倒的な存在となっています。「手数料の安さ」「取扱い銘柄数の多さ」「取引条件」など、ほとんどの部分で強みがあり、「米国株であればマネックス証券」というは多くの投資家の中で共通認識となっていると思います。

【参考】米国株取引 ネット証券を徹底比較

最後に個人的に利用していて重宝しているのが「純金積立」です。マネックス証券ではたった1,000円から純金積立が可能で、一定額を超えたら現物の金と交換する事が可能。“実物資産の金”を保有するという事がマネックス証券では簡単にできてしまいます。

【参考】金投資:初心者向きと言われるのが「純金積立」

マネックス証券公式サイト

◆マネックス証券のデメリットは?

魅力的なメリットが多いマネックス証券ですが、デメリットもあります。それは日本株で50万以上の売買では、手数料が割高になる点です。100万以上の売買を頻繁に行う投資家にとっては手数料がネックです。

もっとも、初心者~管理人を含む一般投資家は、1回あたりの通常取引は大きくても30~50万程度だと思いますので、それほど神経質にならなくて良いと思います。(20~30万のボリュームゾーンは最安値水準)

また、個人口座では関係ない話ですが、法人口座の場合はオンラインの即時入金ができませんので注意が必要(普通の人は無視して良い話)

管理人自身の感想としては、ネット上の操作画面が非常にシンプルで分かりやすい印象です。加えて無料セミナーやレポートは非常に充実しているので投資初心者には向いている証券会社だと思います。

~マネックス証券に向いている人は?~

【こんな人は注目!?】
●投資の有力情報や無料セミナーに興味がある人
●投資初心者で、証券会社選びで悩んでいる人
●IPO(新規公開株)や米国株、金投資に興味がある人

マネックス証券バナー

マネックス証券 案内


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.