投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

株価下落を心配せずに、優待だけを貰う!

「株主優待には興味があるけど、株価の値下がりが怖い・・」という人もいると思います。そんな人にオススメなのが“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”です。これは、「一般信用売と現物買いを組み合わせたテクニック」でクロス取引と言われます。
とても簡単な手法ですので優待目的で株式取引を行っている人は覚えておくと良いと思います。

【クロス取引とは?】
ある銘柄について、「同一株数で同一値段の買い注文と売り注文を同時に発注し、約定させること」。
株価の変動による損失リスクが回避できるので“優待取り”で利用される方法です。

注目【管理人のヒトリゴト】
「優待だけが貰える裏技」は文章で読むと凄く難しく見えます(笑)しかし、実際に行った人からは「ビックリするくらい簡単で拍子抜けした!」という意見が多く聞かれます。“習うより慣れろ!”なんて言葉がありますが、これも似たような感じかな?
年々株価の動きは予測が難しくなってるので、マスターしておきたい方法です。
株主優待の注目銘柄等の紹介ページはコチラ

クロス取引(優待だけが貰える裏技)の手順

株主優待用

クロス取引(優待だけが貰える裏技)は、値下がりリスクを負わずに手数料だけで優待を獲得する裏ワザ。
手順の説明では分かりやすいように「くらコーポレーション《東証1部・2695》」を例にしてみます。
★くらコーポレーションの株主優待は、100株保有で「くら寿司の食事券」2,500円相当(2016年実績)

①現物買いと一般信用売りを市場が開く前に「成行」で同数を注文する。
例: 「くらコーポレーション」を「現物買い100株」「一般信用売り100株」を市場が開く前に「成行」で注文。
(市場開始前に成行で注文すれば、基本的に同値になります。)

②優待権利が確定する権利付最終日が終了するまで「現物買い」「一般信用売り」を継続保有。
例: 「くらコーポレーション」の権利付確定日は4月25日(2016年)ですので、その期日までは、「現物買い」「一般信用売り」を継続保有 
③権利付最終日の翌日(権利落ち日)以降に「一般信用売の建玉」を品渡にて決済すれば終了。
例: 「くらコーポレーション」を権利落ち日である4月26日(2016年)に「一般信用売の建玉」を※品渡(現渡)で決済すれば完了です。
【※用語:品渡とは?】
信用の売建を、保有している現物株を充当することで、信用売建と現物株式を同時決済すること。

以上です。これで数ヵ月後に「くら寿司の食事券」2,500円相当分が届きます。
作業としては①と③の2行程しかありません、慣れてしまえば数分レベルの話です。
また、このクロス取引(優待だけが貰える裏技)ではカブドットコム証券が対象銘柄数で他社を圧倒している状態です。

優待クロス取引については、【カブドットコム証券 優待専用ページ】でも詳しく解説しています。
各月の注目銘柄も紹介されているので、興味がある人は覗いてみてください。

クロス取引(優待だけが貰える裏技)の注意点

●一般信用取引で売建を行う
信用取引売りを行うときに「制度信用取引」と「一般信用取引」という2つの文字が飛び込んできます。
この時に必ず「一般信用取引」を選択するようにしてください。

※制度信用取引を選択すると「逆日歩」というコストが発生するので、場合によっては優待以上のコストが発生してしまう事があります。一般信用は逆日歩が無いので優待取りではコチラを使用。

●一般信用の「売り」には在庫が限られています
一般信用は人気銘柄ほど在庫が少ない傾向があります。権利付最終日が近くなると在庫が無くなる事があるので、その1ヶ月前ぐらいから在庫状況を確認しておいた方が良いと思います。

●一般信用の売りが可能な会社は一部だけ
一般信用の売りが可能な証券会社は一部に限られています(ほとんどの会社がNG)。また、一般信用の取扱い銘柄も各社でマチマチというのが現状です。今回のクロス取引(優待だけが貰える裏技)という手法は、一部の証券会社でしかできません。

●「優待だけが貰える裏技」と言っても手数料は発生します
「現物買いの手数料」「信用売り建ての手数料」「一般信用売建(長期)貸株料」が発生します。いずれも小さな金額ですので神経質になる必要はありませんが、完全に無料で優待が得られるわけではありません。

《pick up》4大ネット証券で株主優待に強い会社は?

株主優待では“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”「クロス取引」を利用する人が多くいます。この方法を実施するには一般運用売建可能銘柄が必要です。

参考までに4大ネット証券の比較を以下にまとめました。
結果はカブドットコム証券が他社を大きくリード!株主優待ファンの間で“優待の必須証券”と噂されるのも納得です。また、株式売買の手数料が最安値水準という点も注目だと思います。

★カブコムの詳細・口座開設⇒カブドットコム証券(公式サイト)

 4大ネット証券の売買手数料(1約定・税抜)と一般信用売建可能数の比較
調査日:2017/2/5 約定10万 約定30万 約定50万 売建可能数
 カブドットコム証券 90円 250円 250円 約2,000本
 SBI証券 139円 272円 272円 約550本
 楽天証券 139円 272円 272円 約150本
● マネックス証券 100円 250円 450円 取扱い無し

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


証券会社の比較ランキング《2017年版》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

証券会社の比較ランキング《2017年版》

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.