投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

劣後債は金利が魅力

「劣後債」は金利が高いのが魅力

社債の購入を検討して調べて見ると、高めの金利を提示している社債に「劣後債」という名前を見かける事があります。ソフトバンクなどの「劣後債」が金利が高い事で有名ですね。

劣後債は一般的な普通社債よりも金利が高めなので、とても人気あります。
しかし、「劣後債」を「普通社債」と混同している人もいるようなので、ここでは劣後債の特徴やリスクについてお話をします。

劣後債は金利は高い!・・でも、リスクも高い。

劣後債は、企業が発行する社債のひとつです。社債には、企業が倒産ことで返済されない「信用リスク」があるのですが、劣後債は、この信用リスクが高いというデメリットがあります。

企業が倒産した時は、社債に対するお金を可能な限り返済することになります。この時に普通社債は優先的に返金されるのですが、劣後債に関しては普通社債などのお金を返して、それでも残っていれば・・という条件が付きます。

つまり、普通社債に返金後、資金に余力がなければ劣後債には返金されない可能性があるという事です。
このように返済順位が低い社債である為、普通の社債よりも高い利率が付くのです(信用リスクが高い)

信用度の高い企業を選ぶ事が大切

劣後債は倒産が発生した際に、デメリットがあることは分かったと思います。
反対に言えば、倒産のような事態が発生しなければ、高金利のお得な債券とも言えますね。
倒産する可能性が低い企業をしっかり選択することが、劣後債購入のポイントとなります。

【コラム】~劣後債の特徴 繰上償還~

社債は満期まで保有という考えの人が多いのですが、金融機関が発行する劣後債は満期が来る前に繰上償還され事がほとんどです。例えば10年満期の劣後債であっても、だいたい5年程度で繰上償還されます。
(金融機関の会計上、5年前の繰上償還が有利)
もっとも繰上償還されても、元本はしっかり返済されますので神経質になる必要はありません。

SBI証券の国債キャンペーンに注目

管理人は『預金代替&自分年金』として個人向け国債(変動10年)を頻繁に購入しています。
銀行や郵便局でも購入は可能ですが、証券会社だとキャッシュバックキャンペーンなどが頻繁に実施されるので、お得感があります。

SBI証券は、国債キャンペーンをほぼ毎月実施しているので、管理人はそちらで購入するようにしています。(主な内容:50万購入で1,000円キャッシュバック)

SBI証券 口座開設のメリットをFPが解説

●個人向け国債やSBI債が好評 SBI証券

SBI証券 バナー


SBI証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.