投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

債券の手数料

債券は手数料無料?

債券の手数料は、取引価格の中に手数料が含まれているので、通常は支払う必要はありません。
明確な理由がなく、手数料を要求する証券会社は避けたほうが良いかもしれません?

例えば、新発債を50万円分購入する場合、証券会社への支払いは50万だけです。この中に、手数料は含まれているので別途手数料を支払う必要はありません。

既発債の場合の手数料が発生する?

既発債を購入するには、証券取引所を通じて購入する取引所内取引という方法と証券会社から購入する方法があります。基本的に証券会社から購入する方法がほとんどで、取引価格の中に手数料を含めた形式で販売しています。つまり別途手数料を支払うことはありません。

ただし、取引所内取引で公社債を売買するときは、取引価格のほかに売買委託手数料(および消費税など相当額)が必要です。しかし取引所内取引というのは例外事項ですので気にしなくても良いでしょう。

SBI証券の国債キャンペーンに注目

管理人は『預金代替&自分年金』として個人向け国債(変動10年)を頻繁に購入しています。
銀行や郵便局でも購入は可能ですが、証券会社だとキャッシュバックキャンペーンなどが頻繁に実施されるので、お得感があります。

SBI証券は、国債キャンペーンをほぼ毎月実施しているので、管理人はそちらで購入するようにしています。(主な内容:50万購入で1,000円キャッシュバック)

SBI証券 口座開設のメリットをFPが解説

●個人向け国債やSBI債が好評 SBI証券

SBI証券 バナー


SBI証券
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.