投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

超基本!クレジットカードで何ができる?

クレジットカードの用途って何?

クレジットカードは持っているととても便利なのですが、具体的にどんなことに使えるのでしょう。
非常に初歩的な話なのでご存知の方がほとんどだと思いますが、確認の意味でクレジットカードの用途について紹介します。

①お買い物に使える

通常、私達がお店でなにか商品を購入する場合、最後にレジで精算をします。この時に現金を支払い精算するというのが一般的な方法ですが、現金の代わりとしてクレジットカードが使えます。

クレジットカードを提示することで現金を支払わなくても精算を済ませられるわけです。では本来支払うべきだった代金はどうなるのかとういと、クレジットカード会社が立て替えている状態ですので、後日クレジットカード会社に対して支払う形になっています。

つまり、後払いのような仕組みです。

支払いを立て替えて貰っていますので、分割払いなどで後払いの完済に時間が掛かる場合には、利息も発生しますから本来の商品代金よりも少し多く支払うことになります。

基本的には、利息が発生しない「1回払い」を可能な限り選択する方が良いでしょう。

②お金を借りられる

クレジットカードで買い物の時に使うのはショッピング枠というものですが、それとは別にクレジットカードにはキャッシング枠が用意されています。

金利が高いのでオススメはしませんが、このキャッシング枠を利用すると現金を借りることが可能です。

たとえばキャッシング枠の上限が50万円の場合、クレジットカードに対応したATMなどから50万円まで借りられるわけです。支払日が来たら借りた分を翌月一括で行うのが基本です。ただし、最近は分割で返済できるカードも増えてきました。

買い物であるショッピング枠は1回払いであれば利息は発生しませんが、キャンシング枠は日割りで利息が発生するので得する事はありません。基本的には“キャッシング枠は使わない”という考えが家計管理の鉄則です。

③付帯サービスについて

クレジットカードを持つと、付帯サービスと言われる特定のサービスを受けられることがあります。
たとえばクレジットカードの盗難被害に遭った時のための盗難保険や、海外旅行時の保険など、保険サービスが有名です。

また、クレジットカードにはポイント還元があるため、クレジットカードを使うことでポイントを貯められます。
これも1つの付帯サービスと言えるでしょう。こうしたサービスも用途であり、クレジットカードはとても便利な存在です。

特にポイント還元についてはクレジットカードをよく使う方なら必ずチェックしておきたい部分になります。ポイント還元率で契約するクレジットカードを選ぶのも1つの考え方です。

クレジットカードの用途をしっかり理解しておけば、より便利にクレジットカードを使いこなせます。
ショッピング枠とキャッシング枠の2つの違いだけでも抑えておきましょう。

ファイナンシャルプランナーである管理人の立場としては、キャッシング枠の事は無い物と考えて、ショッピング枠と付帯サービスのメリットを活かすのが良いと思います。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.