投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ブラックリストに載った場合、カードは作れるの?

ブラックリストの情報は、全てのカード会社が知っています

ブラックリスト入りしている人がクレジットカードを作れるのでしょうか。
気になっている方も多いはずです。

ここではブラックリストとクレジットカードの関係について紹介します。最初に結論を言うと、ブラックリスト入りするとカードを作れる可能性は限りなく0%に近づくと考えてください。

この情報は各カード会社とも共通で確認できますので、「Aカードはダメだったけど・・、Bカードなら・・」といった甘い考えは通じません。

ブラックリストに載ると、それを消すには返済が完了してから約5年の月日が必要です。抹消するのは非常に大変ですので、とにかくブラックリスト入りしないように注意してください。

ブラックリストって何?

そもそも、ブラックリストとはなんでしょうか。実はブラックリストという名称の名簿は存在しません。

クレジットカード会社は審査の際、個人信用情報機関の情報を参考にしています。具体的には、「CIC」シーアイシー、「JBA」全国銀行個人信用情報センター、「JICC」日本信用情報機構の3社です(3社間で情報は共有しています)

個人信用情報機関では、支払いが一定期間にわたって滞った場合などは、金融事故として特定のマーク(異動)が付されます。これが“ブラックリストに載った”と言われる状態です。

過去に借金を返済できなくなり、債務整理をしたことある、今現在、借金の返済が長期間に渡ってできていない、こうした場合にブラックリスト入りするという事になります。

クレジットカード会社からすればこうした人にクレジットカードを渡すのはリスクがあります。信用情報機関の内容が審査に大きな影響を与える事は言うまでも無い話です。

クレジットカードは作れないのか?

結論から言うと、ブラックリスト入りしている状態ではクレジットカードは作れないと考えるのが自然です。
100%に近い確率で審査で落ちてしまいます。ブラックリスト入りは、それだけ大きなことなのです。

ブラックリスト入りしている場合、クレジットカードを作っても支払いができないだろうと判断されます。支払いができない以上、クレジットカードを発行することもできず、審査の段階で断られてしまう形です。

非常に残念ではありますが、ブラックリスト入りしている時はクレジットカードを諦めるしかありません。

ただし、買い物でカードを利用したいというだけならば、デビットカードで対応が可能です。デビットカード払いは利用と同時に銀行から引き落とされるのでカード会社としてはリスクがありません。

リスクが無いのであれば審査はありませんので、誰でもカードを作る事が可能です。例えばVISAデビットカードであれば、基本的にVISAクレジットカードが利用できる店舗では同じように利用できます。また、利用頻度に応じてポイントも貯まります。

ブラックリストから抹消後も苦労します。

ブラックリストの情報は、個人信用情報機関に情報が載せられてから約5年ほどで消えると言われています。つまり、5年が経過すればブラックリスト入りではなくなり、審査も通る可能性が出てくるのです。

ただし、過去5年間の記録が全て抹消されるので、5年間の空白はカード会社から見ると異様に映ります。簡単に言うと元ブラックリストという目で見られるわけです。この事はカード会社によっては非常に重視するので簡単に審査は通りません。

ちなみに、個人信用情報機関については自分自身で開示請求してチェック可能です。気になっている人は、まずは信用情報機関に開示請求をしてみるのも良いでしょう。

※注意 情報開示には若干の料金(1000円程度)の費用は発生

ブラックリスト入りしている状態ではクレジットカードを作ることは難しいのが実情。
まずは借金問題を解決し、時間をかけてブラックリストから登録解除されることを待ちましょう。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.