投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ポイントが効率的に貯まる!家族カード

専業主婦や学生でも作りやすいのが魅力

クレジットカードの中には、契約者である本会員の家族に対して追加で発行できる家族カードと呼ばれるものがあります。

審査の対象は基本的に本会員ですので、収入が無い主婦や学生でもカードが作れることが多く人気が高まっています。

実は管理人も楽天カードで家族カードを利用していて、非常に魅力を感じています。このページでは注目が高まっている家族カードについて紹介していきます。

【参考】顧客満足度1位!楽天カードのメリット・デメリットを解説

家族カードとは?

家族カードとはクレジットカードの契約者を本会員として、その家族向けにカードが発行できるシステムのことです。ファミリーカードと呼ばれることもありますが、中身はまったく一緒です。

具体的な例を出すと、お父さんがクレジットカードを作り、お母さんにも家族カードのサービスを利用してカードを発行するイメージ。お父さんの追加カードと言った方が分かりやすいかもしれません。

カードは別々で持つ形式ですが、利用明細や引落口座は1つに集約さます。18歳以上の高校生を除く家族という決まりがありますが、家族それぞれがクレジットカードを使えるようになる点は大きな魅力です。

家族カードのメリット

家族カードの魅力は、収入が少ない主婦や学生でもクレジットカードを持てるという点です。

本会員である契約者の信用情報を利用して家族もクレジットカードを持つ形式になっているので、収入が無い専業主婦の方でもクレジットカードを持てる可能性があります。(落とされるケースは例外的?)

また、本会員の追加カードとして発行するものなので、新規にクレジットカードを作るよりも手間が少なく、年会費も無料や本会員の半額といったケースが多いです。

利用明細書も1つにまとまっているので管理がしやすく、使用に応じて貰えるポイントも本会員のカードに集約されます。つまり、ポイントが効率よく短期間で増えるメリットがあります。

【参考】驚愕の1.2%還元!リクルートカードのメリット・デメリットを解説

さらに、海外旅行保険等のクレジットカードの付帯サービスは家族カードにも適用されます。この点も大きなメリットです。※一部例外のカードもあります。

家族カードの作り方

家族カードを作るタイミングは、本会員になる人がクレジットカードを作る時に同時に家族カードを申し込む方法、既に所有しているクレジットカードに対して追加で家族カードを申し込む方法の2パターンです。

つまり、新規カードの時でも、既にカードを持っている時でも申し込めるので、いつでもOKという事です。

審査は本会員の情報を基に行われるのが基本ですので、本会員の方が滞納を繰り返したりしていなければ審査はスムーズに通るのが普通です。

ただし、家族カードの発行でカード枚数が増えたといっても、限度額が各自に付いて使える総額が増えるわけではありません。本会員の限度額範囲内で利用していく形ですから、あらかじめ各自の利用額を話し合っておいた方が良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーが本気で考えたオススメカード

メインカード選びの重要チェック項目は、①特典(ポイント)の使い道 ②ポイント還元率 ③年会費の3つと言われています。

私自身は3つのチェックを頭に入れて選定した結果、現在は楽天カードをメインにしています。ただし、Tポイントを中心に貯めたい人はYahoo! JAPANカードの方が良いと思います。

単純に無料カードで還元率が高いカードを希望するなら、リクルートカードも魅力です。

私が最終的に楽天カードをメインにしたのは、楽天スーパーポイントで投資信託の購入を計画している事が最大の理由です。また、近年はグループ外への利用拡大が急速に進んでいる点も魅力でした。(上記の3カードはいずれもメインカードとして魅力)

また、サブカードとしてエポスカードも所有。こちらは還元率は普通なのですが、提示するだけで割引になる店舗が多いのが魅力!“持っているだけで得する”カードだと思います(優待7000店)。

以下に記述した無料カードをまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

★年会費無料 メインカードのオススメ3選
カード名&説明 公式サイト・お申込み
楽天カード
顧客満足度1位
Yahoo!JAPANカード
Tポイントが貯まる
リクルートカード
高還元率1.2%
★年会費無料 持ってるだけで得するカード
カード名&説明 公式サイト・お申込み
エポスカード
割引・優待7000店舗

◆クレジットカードの基本・特徴

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.