投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ポイントが効率的に貯まる!家族カード

専業主婦や学生でも作りやすいのが魅力

クレジットカードの中には、契約者である本会員の家族に対して追加で発行できる家族カードと呼ばれるものがあります。

審査の対象は基本的に本会員ですので、収入が無い主婦や学生でもカードが作れることが多く人気が高まっています。

実は管理人も楽天カードで家族カードを利用していて、非常に魅力を感じています。このページでは注目が高まっている家族カードについて紹介していきます。

家族カードとは?

家族カードとはクレジットカードの契約者を本会員として、その家族向けにカードが発行できるシステムのことです。ファミリーカードと呼ばれることもありますが、中身はまったく一緒です。

具体的な例を出すと、お父さんがクレジットカードを作り、お母さんにも家族カードのサービスを利用してカードを発行するイメージ。お父さんの追加カードと言った方が分かりやすいかもしれません。

カードは別々で持つ形式ですが、利用明細や引落口座は1つに集約さます。18歳以上の高校生を除く家族という決まりがありますが、家族それぞれがクレジットカードを使えるようになる点は大きな魅力です。

家族カードのメリット

家族カードの魅力は、収入が少ない主婦や学生でもクレジットカードを持てるという点です。

本会員である契約者の信用情報を利用して家族もクレジットカードを持つ形式になっているので、収入が無い専業主婦の方でもクレジットカードを持てる可能性があります。(落とされるケースは例外的?)

また、本会員の追加カードとして発行するものなので、新規にクレジットカードを作るよりも手間が少なく、年会費も無料や本会員の半額といったケースが多いです。

利用明細書も1つにまとまっているので管理がしやすく、使用に応じて貰えるポイントも本会員のカードに集約されます。つまり、ポイントが効率よく短期間で増えるメリットがあります。

さらに、海外旅行保険等のクレジットカードの付帯サービスは家族カードにも適用されます。この点も大きなメリットです。※一部例外のカードもあります。

家族カードの作り方

家族カードを作るタイミングは、本会員になる人がクレジットカードを作る時に同時に家族カードを申し込む方法、既に所有しているクレジットカードに対して追加で家族カードを申し込む方法の2パターンです。

つまり、新規カードの時でも、既にカードを持っている時でも申し込めるので、いつでもOKという事です。

審査は本会員の情報を基に行われるのが基本ですので、本会員の方が滞納を繰り返したりしていれば審査はスムーズに通るのが普通です。

ただし、家族カードの発行でカード枚数が増えたといっても、限度額が各自に付いて使える総額が増えるわけではありません。本会員の限度額範囲内で利用していく形ですから、あらかじめ各自の利用額を話し合っておいた方が良いでしょう。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.