投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ICチップが入っているカードの方が安心!

安全面からICチップ入りカードが拡大中

クレジットカードは、長きにわたり磁気カードが中心でしたが、新しく発行されるカードの大半はICチップが付いてるカードになっています。


ICチップ入りを確認するのは非常に簡単です。カードの表面に金色のマークが埋め込んであればICチップのカードです。

ちなみに表示カードは、管理人も利用している楽天カードです。新しく発行されているカードはシッカリとICチップが付いていますね。

【参考】楽天カードのメリット・デメリットを解説

ICチップが入っていることでどんな機能を持つのか、これまでのクレジットカードと何が違うのか、このあたりを確認しましょう。

磁気カードはセキュリティに不安?

クレジットカードの裏面を見ると、黒い帯状のラインが確認できると思います。これが磁気を利用した部分で、専用の機会を通すことでカードの情報を読み取っていたのです。

ただし、この磁気カードには欠点があります。それは読み取り機を利用すれば情報を盗めてしまう事です。時々ニュースで「カードでスキミング被害にあった」なんて報道がありますが、まさにこの事です。

こういった被害を防ぐ目的もあって、情報読み取りが容易にはできないICチップ入りのカードが増えてきているのです。

ICチップは安全性が高い

磁気タイプのカードの場合、カードの裏面に直接読み取り部分が付いていることもあり、不正利用しやすいというデメリットがありました。悪意ある第三者がクレジットカードを盗み、必要な情報を抜き取りやすかったわけです。

それに対してICチップはクレジットカード内に埋め込まれており、磁気タイプと比べて情報を抜き取りにくくなっています。そのため紛失したり、盗まれた場合でもカード情報を抜き取られる可能性が減り、クレジットカードの悪用による被害を抑えられるわけです。

★ただし、ICチップの普及は途中段階・・・

ICチップ入りのクレジットカードは非常に防犯性が高いわけですが、現状は普及の途中段階です。クレジットカード会社はどんどんICチップに以降しているのですが、加盟店がそれに追い付いていない状態です。

そのためクレジットカード会社も対策として、磁気タイプとICチップの両方の機能を持ったクレジットカードを発行するなどしています。

ちなみに、カード使用時に「暗証番号をお願いします」と店員から案内があるところはICカードに対応しています。サインを求められる場合は従来からの磁気カード対応だと思って良いでしょう。

普段カードを使う時にはあまり気にすることはありませんが、ICチップ入りなら今まで以上に安心して使えるようになります。自分のカードを確認してみるのも良いでしょう!

★年会費無料 メインカードのオススメ3選
カード名&説明 公式サイト・お申込み
楽天カード
人気・顧客満足度1位
Yahoo!JAPANカード
注目・Tポイントが貯まる
リクルートカード
凄い・高還元率1.2%
★年会費無料 持ってるだけで得するカード
カード名&説明 公式サイト・お申込み
エポスカード
割引・優待7000店舗
MUJI Card
毎年1500円相当ゲット

◆知ってるようで知らない、カードの話

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.