投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

JCB・VISA・MasterCard どれを選べばいいの?

JCB・VISA・MasterCardの選択はテキトーな人が多い!?

クレジットカードを申し込むと、JCB・VISA・MasterCardといった国際ブランドが選択できるようになっています。
この点についての選択基準を聞くと、「良く分からないから適当に選んだ」「JCBを持ってるので、2枚目はMasterCardにしてみた」といったテキトー派が非常に目立ちます。

実は管理人も初めてカードを作った時は「とりあえずVISAにしとこうかな?」といった感じで、酷いテキトーぶりでした(笑)。国際ブランドについては、ファイナンシャルプランナーとして家計相談を行うようになるまで気に留めた事すらありません。

普段は神経質になる必要はありませんが、海外旅行などではブランドの違いが大きな差になる事もあります。特徴をまとめておきますので、参考にしてください。

国内での使用頻度が高い人は、やっぱりJCB?

日本国内の加盟店数という点で考えると、日本発のブランドであるJCBは非常に魅力的です。とにかく国内では使用できる場所が多いのでお財布に入れておくと様々なシーンで活躍します。また、海外においてもハワイや台湾といった日本人観光客が多い地区では使用できる場所が多く存在ます。

また、世界60カ国にあるJCBプラザでは、日本語での観光相談ができるようになっており、外国語が全くダメな管理人には非常に心強いブランドです。ただし、全世界で考えると使用できる地区は限定的ですので、世界各地に旅行する計画がある人にとっては物足りなさがあります。

海外・国内で強い!困った時はVISAを選択?


VISAは全世界で加盟店数がNO.1のカード。単純に海外で使える国数で比較するならばJCBの約10倍もあるので海外へ頻繁に出かける人は大注目です。
また、国内加盟店もJCBと並んで多いので困る事はありません。

細かい特典などではJCBより若干劣るケースもありますが、気にするレベルではありません。世界&日本国内で使い勝手が良い事を考えると、隙が少ないので「取り敢えずVISA?」という選択でも、決して間違いでは無いと思います。

MasterCardは、ヨーロッパ旅行の必需品?


MasterCardは国内と言うよりも海外で強いカードです。国内においては、JCBとVISAと比べると若干利用できるシーンが限定される印象があります(稀にMasterCardしか使えない店も!不思議・・)

ただし、海外ではVISAと並んで使い勝手が良く特にヨーロッパでは強さを発揮します。『MasterCardのデザインが好き』という人も多いので最近は国内加盟店もどんどん増えています。海外でカード使用が多い人には重宝される存在。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.