投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

クレジットカードの審査って何を調べてるの?

クレジットカードの審査の基準は秘密?

クレジットカードを作成する際には審査が行われます。
審査に通らないとクレジットカードを作成することができないのですが、どんなことを調べているのでしょうか。

まず初めに、審査の基準を公開しているカード会社はないということを憶えておきましょう。

そのためこれから紹介する審査の方法や基準についても、あくまでも推測であり正確なものとは限らない事はお断りしておきます。

カード会社によって審査の基準が微妙に違う可能性は高く、人によって審査に通りやすいカードと通りにくいカードが存在しているとも言われます。あくまでも1つの目安として考えてください。

とはいえ、クレジットカードの性質から考えて、審査の基準はある程度の予想ができるのも事実です。これからクレジットカードを作成しようと考えている方は以下の3点を頭に入れておくと良いと思います。

審査ポイント.1 返済能力について

審査の目的をクレジットカード会社の立場で考えれば、“返済能力の有無”の確認という事は容易に想像できると思います。

クレジットカードで買い物をするという事は、カード会社にお金を借りて精算を済ませているような形です。カード会社としてはシッカリ料金を期日通りに支払ってくれるかどうか、この点は非常に重要です。

申し込み時には年収や勤務先などの情報を入力しますが、これも返済能力を見るためです。返済能力があると判断されれば審査に通る可能性が高くなります。

カード作成条件には安定した収入があることという条件が設けられていることがほとんどです。

ちなみに管理人が独立直後にカードを申し込んだら見事に断られました。事業年数が浅いので安定的な返済能力に疑問符が付いたと想像しています。

審査ポイント.2 資産の有無

カード申込み時、年収や勤務先だけでなく持ち家の有無や居住年数なども聞かれます。
これは資産の有無を確かめるための項目で、審査では資産の有無も重要になってきます。

万が一料金を支払えなくなってしまった場合、資産があればそれを返済に回すことができるだろうとカード会社は判断するわけです。いわゆる担保のようなものです。

資産がない場合、支払いが不能になってしまった時に担保がない状態ですから、審査では不利になると言われています。

審査ポイント.3 信用情報の記録

クレジットカード会社は申し込みがあると個人信用情報センターで照会を行います。

ここでは、過去の支払い履歴や借入状況を確認しており、ある意味では嘘が付けない部分でもある事から、自己申告の安定収入や資産状況よりも重視する傾向にあります。

例えば、借金が無い状態であっても、過去に度々支払いで延滞がある事が確認されれば、審査が通らない可能性があります。また、短期間で複数のクレジットカードに申込みをしている場合も、怪しまれて断られるケースがあります。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.