投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

勤務先や勤続年数は審査に影響するの?

審査基準の一つですが、重要度は低め?

クレジットカードの申し込みでは勤務先や職業も申告します。小さな会社に努めている場合や転職して社歴が短い場合などは不利になるのでしょうか?

記入欄があるので、審査の影響があるのは間違いありませんが、基本的には勤務先だけが理由で審査に落とさるような事はありません。

一般論として、勤務先や職業、勤続年数は安定した収入があるかどうかを見るのがメインで、その規模などは重要度は低いと言われています。

【最新版】メインカードとして注目のクレジットカード5選

勤務先等:審査への影響について

まず、勤務先や職業が審査にどのように影響するかを考えてみます。
審査でクレジットカード会社が知りたいのは、安定した収入があるか、その収入から毎月の支払いを行う能力があるか、この2点です。

そのため、収入があるかどうかを確認するために勤務先や職業を聞かれるのです。その意味では安定した収入さえあれば勤務先や職業に関しては問題ないと言えます。

勤続年数に関しても、新社会人をターゲットにしてカードを勧める事は多いですから、勤務年数が短くても神経質になる必要はありません。

審査基準の一つではありますが、勤務先や職業の詳細が大きな影響を与えることは少ないでしょう。

やはり大企業ほど有利なのか?

勤務先や職業を聞かれるとなると、やはり大企業の方が審査に有利なのではないかと考えてしまいます。はっきりしたことは言えませんが、その企業や職業の将来性もある程度審査で見ている可能性はあります。

というのも、万が一勤務先が倒産してしまえば毎月の支払いも難しくなるでしょう。となると、具体的にどこに務めているか、どんな職業なのかも審査を行う上でポイントになってきます。

ただし、勤務先や職業だけを理由に審査に落ちることは考えずらいので、総合的な判断をする時の参考情報の1つ程度という認識で良いと思います。

嘘の申告は絶対に避ける

審査に有利になるならと、勤務先や職業を虚偽申告する方も少なからずいるようです。しかし、審査においては在籍確認があり、クレジットカード会社のスタッフが申告した勤務先に電話連絡をする可能性があります。

そのため嘘の申告は絶対にばれてしまいますので、正直に申告するようにしましょう。勤務先や職業はあくまでも参考情報なので、そこで嘘をついても仕方ありません。

勤務先や職業は安定した収入があるかどうかを見るのがメインで、その規模などは重要ではありません。
どんな仕事であれ、支払い能力があると判断されれば審査には通りますから、それほど気にする必要はないでしょう。

ファイナンシャルプランナーが本気で考えたオススメカード

メインカード選びの重要チェック項目は、①特典(ポイント)の使い道 ②ポイント還元率 ③年会費の3つと言われています。

私自身は3つのチェックを頭に入れて選定した結果、現在は楽天カードをメインにしています。ただし、Tポイントを中心に貯めたい人はYahoo! JAPANカードの方が良いと思います。

単純に無料カードで還元率が高いカードを希望するなら、リクルートカードも魅力です。

私が最終的に楽天カードをメインにしたのは、楽天スーパーポイントで投資信託の購入を計画している事が最大の理由です。また、近年はグループ外への利用拡大が急速に進んでいる点も魅力でした。(上記の3カードはいずれもメインカードとして魅力)

また、サブカードとしてエポスカードも所有。こちらは還元率は普通なのですが、提示するだけで割引になる店舗が多いのが魅力!“持っているだけで得する”カードだと思います(優待7000店)。

以下に記述した無料カードをまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

★年会費無料 メインカードのオススメ3選
カード名&説明 公式サイト・お申込み
楽天カード
人気・顧客満足度1位
Yahoo!JAPANカード
注目・Tポイントが貯まる
リクルートカード
凄い・高還元率1.2%
★年会費無料 持ってるだけで得するカード
カード名&説明 公式サイト・お申込み
エポスカード
割引・優待7000店舗
MUJI Card
毎年1500円相当ゲット

◆クレジットカードの申込み・審査の疑問

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.