投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

勤務先や勤続年数は審査に影響するの?

審査基準の一つですが、重要度は低め?

クレジットカードの申し込みでは勤務先や職業も申告します。小さな会社に努めている場合や転職して社歴が短い場合などは不利になるのでしょうか?

記入欄があるので、審査の影響があるのは間違いありませんが、基本的には勤務先だけが理由で審査に落とさるような事はありません。

一般論として、勤務先や職業、勤続年数は安定した収入があるかどうかを見るのがメインで、その規模などは重要度は低いと言われています。

勤務先等:審査への影響について

まず、勤務先や職業が審査にどのように影響するかを考えてみます。
審査でクレジットカード会社が知りたいのは、安定した収入があるか、その収入から毎月の支払いを行う能力があるか、この2点です。

そのため、収入があるかどうかを確認するために勤務先や職業を聞かれるのです。その意味では安定した収入さえあれば勤務先や職業に関しては問題ないと言えます。

勤続年数に関しても、新社会人をターゲットにしてカードを勧める事は多いですから、勤務年数が短くても神経質になる必要はありません。

審査基準の一つではありますが、勤務先や職業の詳細が大きな影響を与えることは少ないでしょう。

やはり大企業ほど有利なのか?

勤務先や職業を聞かれるとなると、やはり大企業の方が審査に有利なのではないかと考えてしまいます。はっきりしたことは言えませんが、その企業や職業の将来性もある程度審査で見ている可能性はあります。

というのも、万が一勤務先が倒産してしまえば毎月の支払いも難しくなるでしょう。となると、具体的にどこに務めているか、どんな職業なのかも審査を行う上でポイントになってきます。

ただし、勤務先や職業だけを理由に審査に落ちることは考えずらいので、総合的な判断をする時の参考情報の1つ程度という認識で良いと思います。

嘘の申告は絶対に避ける

審査に有利になるならと、勤務先や職業を虚偽申告する方も少なからずいるようです。しかし、審査においては在籍確認があり、クレジットカード会社のスタッフが申告した勤務先に電話連絡をする可能性があります。

そのため嘘の申告は絶対にばれてしまいますので、正直に申告するようにしましょう。勤務先や職業はあくまでも参考情報なので、そこで嘘をついても仕方ありません。

勤務先や職業は安定した収入があるかどうかを見るのがメインで、その規模などは重要ではありません。
どんな仕事であれ、支払い能力があると判断されれば審査には通りますから、それほど気にする必要はないでしょう。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.