投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

クレジットカードを紛失!すべき事は?

カードを紛失した場合は、悪用防止で即行動!

クレジットカードを紛失してしまう可能性は0ではありません。多くの場合はお財布に入れている事が多いので、それを落としてしまうパターンでの紛失が目立ちます。

カード紛失に関しては不正利用される問題もあるので、“1週間くらい探してから・・”といったノンビリ行動だと大きな被害になる可能性があります。

もし紛失してしまったらどうすればいいのか、この点を抑えておくのは重要です。いざという時のトラブルにもしっかり対応できるようにしておきましょう。

1、とにかくカードの停止を!

クレジットカードを紛失してしまってもっとも恐ろしいのは、他人に不正利用されてしまうことです。悪意ある人にクレジットカードを拾われてしまった場合、限度額いっぱいまで使われてしまう可能性が出てきます。

こうなると大きな被害を受けることになりますので、カードを紛失した時はまずは停止の手続きをとりましょう。

クレジットカード会社に連絡して、紛失したことを伝えて利用停止措置をしてもらいます。これでひとまずはクレジットカードを悪用されることがなくなり、最悪の事態は避けることができます。

クレジットカード会社への連絡は電話となりますが、365日24時間体制で受け付けていますのですぐに電話しましょう。

2、警察にも連絡を!

クレジットカード会社に利用停止の連絡をすることが最優先で、それが終わったら次に警察に連絡しましょう。
これはクレジットカードの紛失届を出すためです。

紛失届を出しておけばクレジットカードが見つかった時に対応しやすいですし、万が一不正利用された時も補償が受けられます。警察への連絡は電話以外にも直接交番や警察署に届けたり、今ではネット上でも届け出が可能です。

どの方法でもかまわないので、クレジットカード会社と警察には必ずそれぞれ連絡をしましょう。
ちょっと大げさに感じられるかもしれませんが、警察への連絡も必須です。

3、最後に再発行手続き

クレジットカードが見つかる可能性もありますが、どちらにしても利用停止状態ですので、再発行が必要になります。

クレジットカード会社に利用停止の届けを出し、警察に紛失届を出したら後、改めてクレジットカード会社に再発行手続きを出しましょう。

再発行手続きはそれほど急ぐ必要もありませんので、落ち着いてからでもいいでしょう。ただ、再発行までに2週間から3週間ほどかかるケースが多いので、すぐに利用したい人は早めに手続きを済ませるのが良いでしょう。

紛失してしまった時はとにかくクレジットカード会社と、警察に届けることが大切です。
なにがあってもこの2つの連絡だけは欠かさないようにしましょう。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.