投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

年会費ありのカードのメリットって何?

年会費ありのカードは、内容が充実!

クレジットカードには年会費が必要なものと不要なものの2種類があります。一般的に買い物であれば年会費無料のカードで充分と言うのが管理人の考えです。

ある意味では年会費が発生すると、毎年カードを持つだけでお金がかかってしまうのでデメリットとも言えます。

しかし、それでも年会費ありのカードを選ぶ人が多いのは、当然ですがそれだけの理由があるからです。

このページではクレジットカードと年会費の関係について紹介します。

ポイント還元率について

年会費が発生するクレジットカードのメリットと言えるのがポイント還元率の高さです。

ザックリとしたイメージですが、年会費無料カードの還元率が0.5%が一般だとすれば、年会費ありは1%くらいが普通と言っても良いでしょう。

つまり使用額が多い人にとっては、ポイントが効率良く貯まるので年会費は賄えてしまうという事です。

できるだけ多くのポイントを貯めたい方、クレジットカードでの買い物が多いという方にとっては非常に大きなメリットになるはずです。

ただし、年会費無料カードでも還元率が高いものがありますので、そういったカードも選択肢に入れた方が良いでしょう。

【参考】驚愕の1.2%還元!リクルートカードのメリット・デメリットを解説

付帯サービスの充実度

クレジットカードは付帯サービスというものがあります。クレジットカードを持つことで海外旅行時に便利な保険に加入できたり、空港の特別ラウンジが使えたりが有名です。

こうした付帯サービスの面でも年会費の発生するクレジットカードの方が優れています。年会費を払っている分、特典が豪華になると考えればいいでしょうか。

年会費無料のクレジットカードでは基本的に付帯サービスがほとんどなく、旅行時の保険に関しても任意で加入する形が多いです。

海外旅行によく行く、飛行機での移動が多い、そんな方にとっても年会費を払う価値が十分にあるのではないでしょうか。

自分に合った方を選ぶ

年会費を支払うことになるものの、その分メリットがあります。大事なのはそのメリットを活かせるかどうかです。

もしこうしたメリットに魅力を感じないというのであれば、年会費無料のクレジットカードの方がお得になるでしょう。要は本人に合っているかどうか、この点が大切です。

メリットを活かせない場合、年会費を無駄に支払ってしまうことになり、逆にデメリットにもなってしまいます。

年会費を支払うのは勿体ないと感じる方もいるかもしれませんが、メリットが本人にとってどの程度の重要度かという点を検討しておけば失敗も無いと思います。

【最新版】メインカードとして注目のクレジットカード5選

年会費ありのカードで人気が高いのは、マイルが貯まる航空系カード


一般的に高還元率と言われているカードは多いのですが、マイルを貯めて航空券と交換した時のお得度は“凄まじい”ものがあります。

現在はお得度が浸透してきており、ポイントよりもマイルを重視する人が増えてきています。そして、マイルを貯める事を重視している人から人気が高いのがJALカードです。

JALカードはマイルがドシドシ貯まる!陸マイラーが急増中

マイルに関しては、“飛行機を利用しないと貯まらない”というイメージを持っている人が多いのですが、現在は飛行機に乗らないでマイルを貯めている人の方が主流です。

管理人の知り合いは、JALカードをメイン(ショッピング、公共料金等)にすることで、毎年タダで航空券を得て、旅行を楽しんでいる人がいます。

●公式サイトはコチラ⇒マイルがたまる「JALカード」


◆クレジットカードの基本・特徴

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.