投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

クレジットカードの暗証番号を忘れた時は?

3回連続で番号を間違えるとメンドウ・・

クレジットカードを作る時に、暗証番号を設定することになります。

現在はセキュリティの観点から、クレジットカードに限らず暗証番号を設定する事が多くなってきました。
そのことにより多発しているのが、暗証番号の忘れ!

大事な情報なので他人に推測されないものをと設定した結果、自分でも忘れてしまう・・・。久々にカードを使用したら、暗証番号をわすれてしまった・・・。こういった事が頻発しています。

暗証番号を忘れてしまった時の対処法について把握しておくことが大切です。

暗証番号を忘れてもクレジットカードは使える

クレジットカードで精算をする場合、店員さんに暗証番号、もしくはサインを求められるケースがあります。現在では多くの場合がサインであるように、クレジットカードを利用するだけなら暗証番号が必ず必要とは限りません。

もし店員さんに暗証番号を求められても、サインにしてくださいと言えばサインで対応してくれます。暗証番号を忘れてしまっても、普段の買い物は今までと同じように問題なくできてしまうのです。

だからといって暗証番号を忘れてもいいわけではありませんが、“暗証番号を忘れる=クレジットカードが使えなくなる”ということでもありません。

すぐにクレジットカードを使わなければいけないなら、応急措置としてサインで対応してもらいましょう。

すぐに確認手続きを

暗証番号を忘れてもクレジットカードは使えますが、その状態を放置するのはやはりおすすめできません。暗証番号を忘れてしまった時は、すぐにクレジットカード会社に連絡をし、暗証番号の確認を行いましょう。

何故ならば、不正利用等があった時に補償してもらえなくなる可能性があるからです。

電話やweb上からでき、本人確認ができれば暗証番号の再発行となっているケースがほとんどです。

また、暗証番号そのものを変更したい時も方法は同じです。

変更となると少し面倒ではありますが、暗証番号は定期的に変更することを推奨されていますので、この機会に行ってみるのも良いでしょう。

カードのロックには要注意

暗証番号を入力しなければいけない状況だと、クレジットカードがロックされる恐れが出てきます。
実は、暗証番号を何度か間違う(基本3回連続)と不正利用の防止などの観点からカードがロックされてしまいます。

ロックされれば、そのカードは使えない状態になりますから要注意です。暗証番号を忘れた状態のまま、勘で入力するのはおすすめできません。やはり暗証番号を忘れてしまった時は、確認手続きをしたり、変更手続きをしたりしましょう。

暗証番号を忘れたからといって、すぐに大きな影響が出るわけではありません。しかし暗証番号はクレジットカードの契約者本人だと証明する方法でもあり、非常に重要な情報です。忘れた時は慌てずに必要な対応をしましょう。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.