投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

専業主婦(主夫)でもカードは作れるの?

専業主婦もクレジットカードは作れます!

クレジットカードを作るには安定した収入が条件になっていることがほとんどです。そのため専業主婦(主夫)の方だと審査に落ちてしまうこともあります。

ただし、全てのカードが100%落ちるという事ではありません。

クレジットカードの加入条件としては「18歳以上(高校生不可)」という内容は目立ちますが、主婦をNGとする表記は、ほとんど見かけません。

つまり、審査条件をシッカリクリアできれば、専業主婦や学生といった収入が無い人でもカードは作れる事になります。

各カードによって審査内容は違うので一概には言えませんが、一般論として専業主婦(主夫)の方がカードを作る時のポイントを紹介します。

方法1 配偶者の収入を利用する

専業主婦(主夫)でもクレジットカードを作ることは可能です。たしかに収入がないため、審査に落ちてしまうことも増えるのですが、だからといって不可能ではありません。

その理由が配偶者の収入を利用できることです。たとえば専業主婦の方の場合、夫に安定した収入があれば、その収入を利用してクレジットカードの審査に通ることがあります。

つまり申込者には収入がなくても、夫に収入があるから返済も問題ないだろうと判断されるわけです。
(夫の年収を証明する書類を提出しなければならないこともあります)

方法2 主婦層に便利な小売系(流通系)カードは注目!

クレジットカードにはいくつかの種類がありますが、主婦層にも力を入れているカードもあります。スーパーなどは主婦が重要顧客である事は言うまでもありません。

こうした小売系クレジットカードは主婦にとっても普段の買い物で便利ですので、最初に申し込みを行いたいカードです。

勿論、主婦が重要顧客だからといって「借金が多くてもOK」「世帯の収入が少なくてもOK」のような、審査基準が甘くなるような事はありません。

配偶者に安定した収入があり、十分な返済能力があるならクレジットカードを作れる可能性もぐっと高まります。“審査が通る、通らない”という以前の話として申込む価値が高いという事です。

専業主婦が作れた場合にはメリットが非常に大きいので、注目して欲しいカードです。

方法3 家族カードの利用

自分自身でクレジットカードを作れない場合でも、家族カードを利用する方法があります。家族カードとは、カードの契約者本人だけでなく、その家族もクレジットカードを利用できるようになるサービスのことです。

収入のある配偶者にクレジットカードを申し込んでもらい、その時に一緒に家族カードも作ります。すると収入のない専業主婦や主夫でも使えるクレジットカードが手に入ります。

配偶者も同時にクレジットカードを作る必要があるので少し面倒かもしれませんが、収入のない方がクレジットカードを作るには良い方法です。

専業主婦や主夫は収入がないためクレジットカードを作れないと思われがちですが、決してそうではありません。
カード会社によっては主婦層をターゲットにしているパターンも多いので、まずは申し込みをしてみましょう。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.