投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードには2つの利用枠があります。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

初めてクレジットカードを使う方は、どういったものなのか良く分からないかもしれません?
特にキャッシング枠については、知らない人も案外多いのが実情。

ショッピング枠とキャッシング枠について詳しく見ていきます。

ショッピング枠とは?

ショッピングとは日本語で買い物という意味ですが、まさにその通りの言葉です。

たとえばクレジットカードを作った時、ショッピング枠が50万円に設定されていたとしましょう。
この場合、普段の買い物の時の精算時に、50万円までならクレジットカードで支払いができるわけです。

ちなみに60万円のものを購入する時に、50万円はショッピング枠で支払い、残りの10万円は現金で支払うといったことはできません。

あくまでも50万円という枠内で購入できる商品の時のみ、クレジットカードのショッピング枠が使えるのです。
現金を使わずに精算ができるのでお釣りのやり取りは不要、財布に現金がない時でも買い物が可能です。

キャッシング枠とは?

キャッシング枠は現金を借りられる枠のことです。
キャッシング枠が50万円の場合、クレジットカード会社から50万円まで現金を借りられるわけです。

クレジットカードが使えないお店でどうしても現金が必要、給料日前で現金が足りない、そんな時によく活用されます。

ショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれ独立しており、ショッピング枠が60万円、キャッシング枠が50万円、といった形になります。

つまりショッピング枠を使ってもキャンシング枠が目減りするような事はありません。反対にキャンシング枠を利用したからといってショッピング枠が減る事もありません。

キャッシング枠はホドホドに・・

クレジットカードの大半はこのショッピング枠とキャッシング枠がそれぞれ設定されます。
上限額は人によって違いますが、いずれにしてもショッピング枠とキャッシング枠を上手に使い分けることがポイントになるでしょう。

普段の買い物はショッピング枠を使い、どうしても現金が必要な時だけキャッシングようなイメージです。また、どちらも支払日には利用分を支払わないといけないので、使いすぎには注意しましょう。

クレジットカードというとショッピング枠のイメージが強いですが、キャッシング枠もある事を憶えておくとイザという時に役立ちます。

ちなみに“枠というのは上限こと”で、ショッピング枠、キャッシング枠ともにそれぞれで使える最大金額を表しています。
それぞれの枠がいくらになっているのか、クレジットカードを作ったらまずはこの点を確認しておきましょう。

クレジットカードの秘密

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

クレジットカードの秘密

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.