投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

JPX日経インデックス400とは?

  • HOME »
  • »
  • JPX日経インデックス400とは?

新指標の「JPX日経インデックス400」が国内外で大注目

2014年1月6日に算出を始めた新しい株価指数です。日本経済新聞社・日本取引所グループ・東京証券取引所の3社が共同開発して算出しています。
集めた資金をいかに効率的に活用し、利益を生み出せているかを示すROE(株主資本利益率)の高さなどをもとに企業を選出した、従来とは全く違う指標です。

JPX400銘柄の選考方法

JPX日経インデックス400に採用される企業は、以下の3つのステップを踏んで選出されます。
企業業績を重視した選考方法で魅力的な企業を抽出します。

第1ステップ
東証上場銘柄から3年内に債務超過だった企業を削除、流動性と規模を勘案して1000銘柄に絞込み。
第2ステップ
ROE(株主資本利益率)と営業利益、時価総額の3つの指標で、「総合スコア」を算出して順位ずけします。
第3ステップ
企業統治の取り組み経営力など数字だけでは測れない部分も勘案して上位400銘柄を選択します。

●入れ替えは行われるの?

基本的には毎年8月に見直し・入れ替えが行われることになっています。
6月最終営業日時点の企業成績が選考時の基準となります。

何故、JPX日経インデックス400は注目されるの?

世界最大の年金基金であるGPIFが採用

約130兆円の公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、国内株式の運用で「JPX日経インデックス400」を新たに採用したことで大きな注目が集まりました。また、2014年10月31日にGPIFの国内株式の割合を12%から25%に増やす事が発表され追い風となりました。

海外投資家はROEに注目する!

海外投資家は日本市場での売買シェアは6割とも言われています。そして海外投資家を中心にROEの高い銘柄を買う傾向が強まっています。また、JPX日経インデックス400に連動する投資信託も増加しており、個人投資家の間でも話題になっています。

★カブコムのフリーETFなら「JPX400」だって手数料無料!

インデックス系の商品は指数に連動する事を目的としているため、どの商品を選択しても内容には大きな違いがありません。ただし、コストは各商品で違いがあるので、基本的には最安水準の商品を選ぶのが良いでしょう。(保有期間が長いほど、将来リターンの差となって表れます)

カブドットコム証券のフリーETFは、売買手数料が無料。品揃えも国内投資ならMAXIS JPX日経インデックス400上場投信MAXIS トピックス上場投信、米国市場のSPDR S&P500 ETFといった、信託報酬が最安水準のラインナップが揃っているので注目です。(カブドットコム証券の魅力

kabu.com公式サイト

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.