投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ETFの税金

ETFの税金は株式と同じ!

ETFの税金は、株式と同じで売却益と分配金に対して発生します。
結論から言うと、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)という数字が基本になります。

特定口座には「源泉徴収あり」がオススメ

ETFを売却して利益が出た場合は「申告分離課税」となり、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税率が利益に対してかかります。(原則、確定申告が必要)

「確定申告が必要」という言葉が気になった人もいるかもしれませんが、証券会社で特定口座を選択すれば、損益等について証券会社で計算してくれるので、その年間取引報告書を利用すれば、申告も簡単です。

また、そもそも確定申告なんて面倒だという人は特定口座の「源泉徴収あり」を選択すれば、証券会社が売却益から税金を徴収して代わりに税務署に納めてくれます。原則として確定申告が不要となるので、ほとんどの個人投資家が「源泉徴収あり」を選択しています。

分配金の税金

総合課税または申告分離課税の対象とされて確定申告が必要です。
しかし、現在は分配金の支払を受ける際に源泉徴収されて課税は終了する「確定申告不要制度」が採用されているので、原則として確定申告は不要となります。
税率は、売却益と同じで20.315%(所得税15.315%、住民税5%)になります。

カブドットコム証券のフリーETFは大注目!

インデックス系の商品は指数に連動する事を目的としているため、どの商品を選択しても内容には大きな違いがありません。ただし、コストは各商品で違いがあるので、基本的には最安水準の商品を選ぶのが良いでしょう。(保有期間が長いほど、将来リターンの差となって表れます)

カブドットコム証券のフリーETFは、売買手数料が無料。品揃えも国内投資ならMAXIS JPX日経インデックス400上場投信MAXIS トピックス上場投信、米国市場のSPDR S&P500 ETFといった、信託報酬が最安水準のラインナップが揃っているので注目です。本来であればもっと話題になるべき商品だと思います。

★管理人のメイン証券はカブコムです!

カブドットコム証券案内

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.