投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

外国債券のメリット・デメリット

人気の外貨投資 外国債券を分析

最初に『債券』とは何か説明すると、国や政府機関、企業等が発行する有価証券のことです。
もっと簡単に言えば、国などが出す借用証書のようなものです。
『外国債券』とは、この債券の発行者・通貨・発行場所のどれかが海外の債券であることをいいます。
格付け調査などの事前チェックが必要なので、少し投資に慣れてきた方に向いている商品です。

外国債券の魅力と注意点

◆外国債券のメリット

利回りが高い
・満期まで持つと元本が戻ってくる
・円高時に購入して円安時に売却すれば為替差益が得られる
・途中売却が可能

◆外国債券のデメリット

・発行元が破綻すると、元本が大きく割り込む可能性がある(最悪ゼロになる)
・価格の変動があり、大きく価値が下がる事がある
・売却時に購入した時よりも円高の場合は損が出る可能性がある
・購入するのにまとまった金額が必要

外国債券は、格付けや、信用度、発行量等を考慮して投資すれば、大きく儲ける事も可能な魅力的な商品。しかし事前チェックを怠ると思わぬ損をする可能性があるので注意が必要。

●外国債券の取扱い実績が凄い!マネックス証券

マネックス証券 口座開設のメリットをFPが解説

マネックス証券 総合案内

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.