投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

DMM FX 口座開設のメリットをFPが解説

FX会社の選択に迷ってる人は、DMM FXに注目

FXの会社を探している人から、「それぞれが良い事を書いているので選べない・・」という意見を耳にすることがあります。そういった時には、多くの投資家が利用している会社に注目するのも方法の一つです。
“DMM.com証券はFX口座数で国内第1位”
※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)

1第一《口座数が多い会社に注目する理由は?》
会社選びに迷った時は、口座数が多い会社を研究するのはオススメです。
多くの投資家から支持を受けるには、総合的にバランスが良い会社である必要があります。つまり口座開設をして失敗するケースが非常に少ないのです。DMM FXはそういった意味で考えると注目のFX会社といえます。
●初心者~プロまで幅広い層から人気

口座開設で会社を選ぶのに迷ったら、取りあえず人気が高い会社を選択しておけば間違いないと管理人は考えています。口座数が多く支持が高いという事は、どういったタイプの人が利用しても一定以上の満足度が得られていると考えているからです。

FXの取引手法は1日の短期売買や1週間~1ヶ月の売買、年単位の長期売買など様々です。そういったワガママな投資家の要望に応えてくれるのがDMM FXだと管理人は感じています。例えるならば“困った時のDMM FX”といった印象です。

32_755x200
出典元:DMM FX、ホームページより


【大好評】初心者のための本気でFX!1級FP技能士の辛口アドバイス

全ての通貨が業界最狭水準のスプレッド!取引コストが最安レベル。

FXではスプレッドという言葉が頻繁に使われますが、これは為替レートでの「買値と売値の差」の事です。そして、これが事実上のFX会社への実質手数料となるので、スプレッドの差が狭い会社で取引をした方がコストが少なくてすむことになります。

一般的に「スプレッドの狭さを業界最狭水準」という言葉を使用する際には米ドル/円に対して述べている事が多いです。しかし、DMM FXの場合は取扱い20通貨ペアの全てが業界最狭水準となっています。どの通貨でも取引コストが安いのは大きな魅力と言えます。

●DMM FX 主要通貨のスプレッド:2016年10月6日現在
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
スプレッド 0.3銭 0.6銭 1.1銭 0.7銭

管理人の独自調査でFX主要14社で上記の人気通貨のスプレッドを確認したところ、4通貨ペアの全てが2位以内に入っていました。多くの投資家から支持される理由はこんなところにあるのかもしれません。
※2位以内の調査結果は2016年10月6日現在の各社スプレッドを元にしています。

DMM FX公式サイトへ

スワップポイントも大手FX会社の中で強さを発揮

FXでは“外貨を安く買って高く売る”という投資方法が人気ですが、もう一つのお楽しみが低金利の通貨で高金利国の通貨を買った場合に金利差から貰えるスワップポイント(2国間の金利差から得られる利益)です。

現在の日本は空前の超低金利ですので、日本円で高金利通貨を購入すればスワップポイントが日々貰えますので、それを目的に外貨を長期保有する人もいます(例:円で豪ドルを購入)。ただし、反対に高金利通貨で低金利通貨を購入した場合は、スワップポイントを支払う事になる点も忘れないでください。

このスワップポイントは、日々変動するので固定しているものではありません。またFX会社で微妙にスワップ金利に差がるので、この取引に注目している人はスワップポイントに強い会社で取引をするのが基本です。

以下は、DMM FXと同様に大手FX会社のGMOクリック証券とワイジェイFXとのスワップポイントの比較です。2016年10月6日時点の豪ドル・NZドル・ランドの人気3通貨を比較したところ、DMM FXの優位性が目立つ結果となりました

●スワップスワップポイント 各社の比較:2016年10月6日時点
通貨ペア DMM FX GMOクリック証券 ワイジェイFX
豪ドル/円 29円 23円 22円
NZドル/円 41円 37円 40円
ランド/円 12円 9円 11円

★スマホのアプリがシンプルで好評!問い合わせもLINEでOK

DMM FXは、スマホでの操作性が良いという評判を頻繁に耳にします。スマホのアプリは中途半端に機能が多くて使いずらいものもあったりあしますが、DMM FXはシンプルで必要なものだけを凝縮している感じがします。スマホでの取引は、外出時でもサッと行う事を想定して操作性が良い会社を選択した方が良いと思います。

また、DMM FXはLINEからカスタマーサポートに問い合わせが可能な貴重な会社です。「質問や疑問があっても、なかなか・・」という人もいるのですが、LINEであれば気軽にチャットできると思います。

DMM FX公式サイトへ

DMM FXのデメリットは?

DMM FXは取引コストは安く、スワップポイントも良好。情報も時事通信社の経済ニュースが無料提供されるなどバランスが良く大きなデメリットはありません。

基本的には、あらゆる取引手法の投資家に対応できるので総合的なバランス力を考えると、国内NO.1という実績も納得と言えます。

唯一のデメリットを挙げるとすれば、取引が10000通貨からで1000通貨取引に対応していないてんです。少額取引を希望している投資家にはちょっと敷居が高いかもしれません。

あくまでも個人的な予想ですが、最近は1000通貨から取引が可能なFX会社が多くなっていまので、いずれは1000通貨対応をするような気がしています。もっとも、10000通貨のままだとしても、このバランスの良さはFXを長く行っていく人には非常に魅力ですので口座開設をしておいて損する事は無いと思います。

~DMM FXに向いている人は?~

【こんな人は注目!?】
●FX会社の選択で、自分にあった会社が分からない人
●スプレッドが狭いFX会社を利用してコストを抑えたい人
●分かりやすさ、使いやすさを重視して会社を選びたい人

DMM FXバー

DMMFX案内DMM FX

※FX国内口座第1位は2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.