投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

外貨MMFの税金

2016年から申告分離課税の対象になり税率20.315%で一本化

2015年まで外貨MMFは、為替差益を含めた売却利益に対して税金が発生しない商品として人気がありました(知っている人だけが得をする商品)。
しかし、2016年より「金融所得課税の一体化」と呼ばれる税制変更により、売却利益には上場株式や株式投信と同じルールが適用される事になりました。

税制変更は外貨MMFにはマイナス面が大きいのですが、株式と同じルールですので損益通算が可能となります。“特定口座・源泉徴収あり”を利用している人は、便利になったとも言えます。

【注目】外貨投資をするなら何がいい?2017年版ランキング

2016年~:外貨MMFの税金

2015年と比べて大きく変わるのは以下の3つです。

●外貨MMFの売却益が課税対象になります。
●分配金や売却損益(償還損益)が、株式・株式投資信託の配当金や売却損益と通算できる。
●外貨MMFが特定口座の対象になります。

2015年と2016年の比較
外貨MMF 2015年 2016年
分配金 20.315%(源泉分離課税) 20.315%(申告分離課税)
売却益 非課税 20.315%(申告分離課税)

売却益の非課税というメリットが無くなるのは残念ですね。ただし、それでも外貨預金よりもメリットが大きい事実は変わりません。外貨MMFの方が手数料が安いことが多いですし、分配金が自動的に再投資されますので、一般的に長く継続するほど外貨預金よりもリターンメリットが大きい傾向があります。

また、株式・株式投資信託と通算できる点は大きな前進。2016年からは特定口座対応になりますので気楽に投資が楽しめると思います。

《pickup》『外貨MMF』はカブドットコム証券に注目

購入手数料無料、外国為替スプレッドが主要ネット証券No.1の安さで注目なのがカブドットコム証券です。

【外貨MMFで注目される理由は?】 
外貨MMFの毎月積立ができる貴重な証券会社です。

主要通貨の米ドルはもちろん、利回りが高い豪ドル、南アフリカランド、トルコリラなど6通貨を取り揃えています。低コスト・品揃え・積立と3拍子が揃っています。

また、外貨MMFに限らず、大手ネット証券では手数料が安い事で有名。
手数料無料のフリーETF(上場投信)は業界唯一の驚愕サービスです。

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

カブコムバナー



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.