投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

GDP統計

●国:日本
●公表機関:内閣府
●公表頻度:四半期
●公表タイミング:四半期終了後の翌々月(速報値)

GDP(Gross Domestic Products:国内総生産)は、一定期間内に国内で産み出された財・サービスの総額の総額を示しています。
一般的に経済成長率とは実質GDPの伸び率を示し、GDPが前年比や前四半期比で、どの程度増減したかをパーセントで表します。
※国内総生産には名目国内総生産(名目GDP)と実質国内総生産(実質GDP)がある。実質GDPは、名目GDPから物価変動の影響を除いたものである

日本の名目GDPは米国と比べて個人消費が約6割と低いものの(米国名目GDPの個人消費は約7割)、個人消費が日本経済に与える影響は大きいといえます。
近年は外需(財貨、サービスの輸出)のGDP成長率への寄与度が高く、日本の経済成長を支える重要な項目と言えます。

~経済指標・管理人のコメント~

楽天証券の「マーケットスピード」を利用すれば、経済指標の速報を素早く入手する事が可能です。私は「マーケットスピード」だけの為に楽天証券の口座開設をしました(ゴメンなさい)。 それほど魅力的なツールだと言うことです。★参考⇒楽天証券のマーケットスピードは凄い!

【スポンサードリンク】
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.