投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

金ETFの税金は?

ETFはNISA活用で非課税!

金ETFは株式投資と同じく確定申告による「申告分離課税」となります。
ただし基本的には特定口座の「源泉徴収あり」を選択している人がほとんどだと思いますので、一般的には確定申告は不要ということになります。

●ETFの利益・分配金の税金 20.315%(2014年9月現在)

また、金ETFの利益や損失は、他の上場株式との損益通算ができるメリットがあります。
※損益通算:株式等の「利益」と金TTF等の「損失」を合わせることで節税が可能(確定申告が必要)
例 【株式利益40万】を【金の損失30万】合計して通算利益10万 税金対象は10万になります。

そして売却時の税金面のメリットで注目したいのがNISA(少額投資非課税制度)です。
金に投資する商品の中で唯一、NISA(少額投資非課税制度)が適用されるのが金ETFです。
※現物である地金や純金積立はNISAの対象外。

純金上場信託「金の果実」が大注目

金ETFの中で人気が高いのが純金上場信託「金の果実」です。一定口数以上保有すると、希望者は現物のゴールドバーに交換できるので注目されています(現物転換は一部の証券のみが対応)

★カブコムは「金の果実」の現物転換に対応する貴重な会社

カブドットコム証券案内

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.