投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

eMAXISインデックスファンドシリーズ

コストが安く品揃えが豊富!インデックス投信の代表格

投資信託は分散などのメリットがありますが、プロに委託する為、保有期間中に運用管理のコスト(信託報酬)がどうしてもかかってしまいます。
やはり、このコストはできるだけ抑えたいというのが購入者の心理ですよね!
こんな要望に応えて三菱UFJ投信がネット販売専用で作ったのがeMAXISインデックスファンドシリーズです。

eMAXISインデックスファンドシリーズの特徴

◆購入手数料は0円です。(ノーロードファンド)

投資信託は購入手数料が2%程度かかるのが一般的です。購入手数料が全くかからないというのは大きな魅力です。

◆豊富な品揃えと低コスト

以下の表は、三菱UGJ投信HPより抜粋しました。
非常に多くの種類があるので選定で困りません(多すぎて困ることはあるかも?)
また、同カテゴリーとコスト比較をすると約半分程度だということが分かると思います。

eMAXISシリーズの各ファンドの商品概要

ファンド名
eMAXISシリーズ
特徴・投資先
(連動を目指す指標)
信託
報酬
eMAXIS 日経225
インデックス
わが国の株式市場(日経225)の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.4%
eMAXIS JPX日経400インデックス わが国の株式市場(JPX日経インデックス400)の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.4%
eMAXIS
TOPIXインデックス
わが国の株式市場(TOPIX)の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.4%
eMAXIS 国内
債券インデックス
わが国の債券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.4%
eMAXIS国内物価連動国債インデックス NOMURA 物価連動国債インデックス(フロアあり)の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.4%
eMAXIS 国内
リートインデックス
わが国の不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.4%
eMAXIS
NYダウインデックス
米国の株式市場(ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)(円換算ベース))の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS 全世界
株式インデックス
日本を除く先進国および新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS 先進国
株式インデックス
日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS 先進国
債券インデックス
日本を除く先進国の債券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS 先進国
リートインデックス
日本を除く先進国の不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS 新興国
株式インデックス
新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS 新興国
債券インデックス
新興国の債券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS 新興国
リートインデックス
新興国の不動産投資信託市場(S&P新興国リートインデックス(配当込み・円換算ベース))の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.6%
eMAXIS バランス
(8資産均等型)
日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 税抜
0.5%
eMAXIS バランス
(波乗り型)
日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券を実質的な主要投資対象とし、利子収益の確保および値上がり益の獲得をめざします。 税抜
0.5%

SBI証券で購入すれば、事実上のコスト削減が可能

投資信託の取扱本数は業界最高水準で2000本を超えています。【SBI証券がオススメの理由】
「eMAXISインデックスファンドシリーズ」については、販売手数料無料(ノーロード)。
しかも積立ならば、500円から購入可能ですので、お小遣いを利用して投資を行うことも出来ます。

そして最大の注目が、ポイントサービスです(「投信マイレージサービス」
投信の保有額に応じてポイントが貯まっていきます。貯まったポイントは現金やTポイント等と交換できるので、事実上のコスト削減に繋がると考えて良いと思います。

個人投資家から大人気!投資信託はSBI証券
SBI証券
 投資信託で注目される3つの理由 

①投資信託の取扱本数は2000本超と業界最高レベル。
②500円から積立が可能で、手数料無料の投信は600本超。
③投信の保有額に応じてポイントが貯まり、現金と交換できる。

詳しい説明・口座開設>>SBI証券

【関連 ポートフォリオ作成手順】 ●資産配分(ポートフォリオ)の方法


~チョッと+α 投資信託から海外ETFへ~

投資信託の利用している人にとっても、海外ETFは注目すべき商品だと思います。それぞれのメリットを活かすことで効率的な運用が可能となります。⇒投資信託と海外ETF、良いのはどっち?

注目の金融商品

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

注目の金融商品

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.