投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ニッセイ健康応援ファンド

高齢化時代の注目キーワードは「健康」

国内の高齢化に注目して中長期成長が期待できる銘柄を40~60抽出して厳選投資を行っています。
投資対象は医薬品をはじめとする医療関係はもちろん、機能性化粧品や健康食品、福祉介護関係からドラッグストアまで健康産業全般に幅広く行っています。
TOPIXを継続的に上回る成績が評価され「R&Iファンド大賞2016」では国内株式部門で優秀ファンド賞を受賞しました(投資信託部門とNISA部門でW受賞)。

投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

ニッセイ健康応援ファンドの特徴

ファンド特色:高齢化等を背景に成長が見込まれる健康関連産業に属する企業の株式を投資対象とします。
《手数料》
販売手数料: 購入価額に税抜3.0%を上限とします。
金融機関により手数料が違うので注意(カブドットコム証券SBI証券ならば購入手数料は0円)
信託報酬: 税抜き1.465%

注目【管理人のヒトリゴト】
国内は人口減少に歯止めがかかりませんが、高齢者人口(65歳以上)は2030年頃までは継続的に増加すると予測されています。シニア市場は中長期で拡大が予想されていますので、このファンドも同様に期待が持てます。TOPIXや日経平均株価に連動するインデックスファンドと合わせて購入するのも面白いと思います。

投資情報・銘柄抽出方法

ファンド組入銘柄・業種ベスト5(2015年5月30日現在)
順位 銘柄 比率 業種 比率
1位 朝日インテック(精密機器) 5.0% 医薬品 20.5%
2位 江崎グリコ(食料品) 3.3% 精密機器 20.5%
3位 トプコン(精密機器) 3.1% サービス業 12.9%
4位 ピジョン(その他製品) 3.1% 化学 11.5%
5位 シスメックス(電気機器) 2.8% 電気機器 8.6%

img02
同一銘柄の実質投資割合は10%以下にするという投資制限があるので、一つの銘柄だけが極端に多くなることはありません。
業種も5位以下を確認すると小売・卸売り・保険業など幅広く投資をしています。
【参考】銘柄選定方法の図はニッセイアセットマネジメントのホームぺージより抜粋

【ココに注目!】

カブドットコム証券マネックス証券で積立の場合は、設定日が月1回に限定されていないので『月に5回、1日おき、毎日・・』など自分の好みで設定ができます(残念ながらSBI証券は不可)。
特にカブドットコム証券は500円から積立ができるので、毎日の積立を設定した場合でも1ヶ月の資金は15,000円(500円×30日)です。この方法だと「あの日に買えてれば・・」なんてストレスはかからないので日々の値動きが気になってしまう人には注目です。

 毎日積立?究極のドルコスト平均法 メリットをFPが解説

《pickup》カブドットコム証券が投資信託で大注目!

毎月500円から投資信託が購入できる点で人気なのが、カブドットコム証券のプレミアム積立です。しかし、注目されている理由はそれだけはありません。

【積立投資で注目される理由は?】 
投信の取扱い数は1000本以上で、そのうち約500本が販売手数料が無料のノーロード投信!“人気や評判が高い投資信託が揃っており満足度が高い品揃え”です。

また、一般の証券会社では月に1回の積立が基本ですが、カブドットコム証券は月に複数回の積立設定が出来る貴重な証券会社。管理人もこの点が魅力でメイン証券にしています。さらに、手数料無料のフリーETF(上場投信)は業界唯一の驚愕サービスです。

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

カブコムバナー

カブコム 300×200


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


注目の金融商品

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

注目の金融商品

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.