投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

楽天資産形成ファンド(愛称:楽天525)

株式・債券のバランス型アクテイブファンド

楽天証券専売のオリジナルファンド(運用:明治安田アセットマネジメント株式会社)
バランスファンドと言うとインデックスファンドを組み合わせた商品を想像する人もいるかもしれませんが、楽天資産形成ファンドの投資構成は、アクティブファンドがメインとなっています。
また、アクテイブファンドでありながら、費用(信託報酬)がとても安いのが魅力です。

人気には理由あり!注目の証券会社

【人気の秘密はコレ!】
SBI証券
【人気の秘密はコレ!】
カブドットコム証券
【人気の秘密はコレ!】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

楽天資産形成ファンド(愛称:楽天525)特徴

◆低コスト

買付手数料無料(ノーロード)
信託報酬年 0.50%(税抜き)
アクティブファンドでありながら、驚きの低コストを実現しています。
インデックス型のバランスファンドを含めて考えても、同タイプではトップ水準の低コストです。

◆分散の徹底

株式と債券の投資比率を50:50にすることでリスクを分散する設計です。
日本株式、米国株式、欧州株式、アジア株式、日本債券、先進国債券の6資産へ分散投資をしていますが、その中でインデックスファンドは先進国債券のみで、それ以外は全てアクティブファンドになります。

※ファミリーファンド方式を採用しており、「明治安田日本株式マザーファンド」、「明治安田アメリカ株式マザーファンド」、「明治安田欧州株式マザーファンド」、「明治安田アジア株式マザーファンド」、「明治安田日本債券マザーファンド」、「明治安田外国債券インデックス・マザーファンド」を主要投資対象としています。 
ファミリーファンドって何?

◆国内投資の比率が高い

株式・債券とも国内投資比率が30%を超えています。バランスファンドとしては、日本比率が高いので、国内投資を中心に考えたい人に向いているファンドと言えます。
近年ではアベノミクス効果もあり、基準価格が急激に上昇しています。(2014年年12月1日現在)

●楽天資産形成ファンドの基本投資比率(毎年、若干の微修正が行われます)
日本株式 米国株式 欧州株式 アジア株式 日本債券 先進国債券 その他
31% 12% 6% 1% 34% 13% 3%

先進国債券だけがインデックスファンド、あとはアクテイブファンドです。

~管理人のアドバイス~

バランスファンドの代表としてはセゾン投信が有名ですが、セゾン投信は海外比率が高い為に、日本国内を重視した人には向かない面がありました。
楽天資産形成ファンドは、分散でリスクを抑えながら国内投資に主眼を置きたい人に向いていると思います。また、このファンドを中心にして、別のファンド(例えば新興国中小型株ファンドなど)をアクセントに加えるのも面白い選択!?だと思います。

マーケットスピードが凄い!? 楽天証券
楽天証券といえば「マーケットスピード」!

●株式投資で「マーケットスピード」が大好評。
●ロイター等の最新情報が次々と更新されます。
●投資信託の取扱い本数が業界屈指の多さです。
●海外ETFでは業界屈指の品揃えです。
資料請求>>楽天証券

注目の金融商品

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

注目の金融商品

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.