投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

SMT インデックスシリーズ

長期投資家から熱い視線 超低コストファンド

インデックスファンドは、日経平均株価などの指標と連動した動きを目指す運用のため、機械的に銘柄購入をしていくぶん人件費等が少なく、コストが安く抑えれれています。
その中でも低コストを特に追求した商品が「SMT インデックスシリーズ」、長期投資家を中心に注目度が高い商品です。

SMT インデックスシリーズの特徴

◆購入手数料は0円です。(ノーロードファンド)

投資信託は購入手数料が2%程度かかるのが一般的です。購入手数料が全くかからないというのは大きな魅力です。

◆豊富な品揃えと低コスト

以下の表は三井住友トラスト・アセットマネジメント(2015年4月1日現在)より抜粋しました。種類の選択肢も多く低コストのラインナップになっています。

SMT

SBI証券で購入すれば、事実上のコスト削減が可能

投資信託の取扱本数は業界最高水準で2000本を超えています。【SBI証券がオススメの理由】
「SMT インデックスシリーズ」については、販売手数料無料(ノーロード)。
しかも積立ならば、500円から購入可能ですので、お小遣いを利用して投資を行うことも出来ます。

そして最大の注目が、ポイントサービスです(「投信マイレージサービス」
投信の保有額に応じてポイントが貯まっていきます。貯まったポイントは現金やTポイント等と交換できるので、事実上のコスト削減に繋がると考えて良いと思います。

個人投資家から大人気!投資信託はSBI証券
SBI証券
 投資信託で注目される3つの理由 

①投資信託の取扱本数は2000本超と業界最高レベル。
②500円から積立が可能で、手数料無料の投信は600本超。
③投信の保有額に応じてポイントが貯まり、現金と交換できる。

詳しい説明・口座開設>>SBI証券

【関連 ポートフォリオ作成手順】 ●資産配分(ポートフォリオ)の方法


~チョッと+α 投資信託から海外ETFへ~

投資信託の利用している人にとっても、海外ETFは注目すべき商品だと思います。それぞれのメリットを活かすことで効率的な運用が可能となります。⇒投資信託と海外ETF、良いのはどっち?

注目の金融商品

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

注目の金融商品

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.