投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

スパークス・グループ

資産運用会社としては日本初の上場会社

スパークス・グループは、独立系の資産運用グループです。日本の資産運用会社として初めて上場(JASDAQ 銘柄コード:8739)も果たしています。

「マクロはミクロの集積である。」という固い投資哲学を持っており、経験豊富なアナリストやファンドマネージャーが各企業と直接面談し、徹底的な調査のもと個別の銘柄選択を行っています。
2013年の実績でも、年間で約2,000回も企業訪問を行ったというのですから、その徹底した現場リサーチには驚かされます。

運用手腕は、業界で高く評価

中小型株の運用には業界でも高く評価されており、近年だけでも数多くのファンド賞等を受賞しています。

2014年実績

●「 リッパー・ファンド2014」にて「 最優秀運用会社(株式部門)」を受賞
●「R&Iファンド大賞2014」エマージング株式ルチリョナ部門「最優秀ファンド賞」を受賞
●「第12回マーサMPA(Japan)アワード2014」を受賞:国内株式大型部門(5年)
※R&Iファンド大賞2014でNISAバランス部門で最優秀ファンド賞に選ばれたセゾン資産形成の達人ファンドにも日本株運用で関わっています。

スパークスの運用する投資信託

スパークス投資信託 販売会社(2014年12月3日現在)
ファンド名 主な販売会社
スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド ※注目 マネックス証券
スパークス・日本株・ロング・ショート・ファンド マネックス証券SBI証券楽天証券
スパークス・日本株・L&S SBI証券楽天証券
スパークス・日本株・ロング・ショート・プラス SBI証券楽天証券
スパークス・ジャパン・エクイティ・ファンド SBI証券楽天証券
スパークス・アクティブ・ジャパン SBI証券楽天証券
スパークス・ジャパン・オープン SBI証券楽天証券
スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資) マネックス証券SBI証券楽天証券
スパークス・ジャパン・スモール・キャップ・ファンド マネックス証券カブドットコム証券SBI証券楽天証券
スパークス・M&S・ジャパン・ファンド(愛称:華咲く中小型) SBI証券楽天証券
スパークス・少数精鋭・日本株ファンド マネックス証券SBI証券楽天証券
日興・スパークス・アジア中東株式ファンド(隔月分配型) SBI証券楽天証券
日興・スパークス・アジア中東株式ファンド(資産成長型) SBI証券楽天証券

スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドが注目

このファンドは、日本初の個人が購入できる「対話型ファンド」として注目されています。
※対話型ファンドは年金基金などの機関投資家向けが一般的です。
詳しくはコチラ⇒スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンド

【参考】スパークスでは過去に、日本株式集中投資戦略という対話型投資戦略を1999年以降実践していて、当ファンドと同様の戦略ではありませんが日本株式市場が低迷していた時期でも、年率10%以上のリターンを獲得した実績があります。

★スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドの販売はマネックス証券

資産運用サポートが充実 マネックス証券
投資情報が満載で初心者も安心!

●メール配信される情報は、良質なものが多く投資の味方。
●手数料も業界最安値水準で取り扱い商品も豊富。
●ネットで見れる無料セミナーは個人投資家から大好評。
●純金積立(マネックス・ゴールド)も開始で魅力UP。

資料請求>>マネックス証券

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


注目の金融商品

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

注目の金融商品

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.