投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

所得控除で税金が返ってくる!

どれくらいの税金が戻ってくるの!?

【質問:所得控除のメリットは?】
個人型確定拠出年金の掛金は全額所得控除で税金が返ってくると聞いたのですが、月額5,000円、10,000円、20,000円の場合はどれくらい戻ってくるのでしょうか?
ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

税率は課税所得金額によって違うので戻ってくる金額も人によって違いがあります。
仮に課税所得金額が400万で毎月20,000円を拠出した場合だと年間で所得税-4万8000円、住民税-24,000円で合計72,000円が戻ってくる事になります。

ここで注意して欲しいのは、課税所得金額は給与収入の合計ではありません。収入から給与所得控除や社会保険料控除などを差し引いた金額ですので、一般的に言われる年収よりも金額は小さくなります。課税所得金額は源泉徴収票を見れば分かりますので確認してみてください。

以下に課税所得300万と500万(400万も同じ)の月額掛金ごとの税金戻り金額をまとめました。40歳~60歳の20年間継続した場合を見ていただくと非常に大きな金額になる事がわかると思います。
ただし、これはサラリーマンなどの収入がある人のメリットですので、専業主婦などで収入が無い(少ない)場合は所得控除のメリットはありません。

●課税所得による税金の戻り金額(所得税+住民税:年額と20年合計)
月掛金 課税所得300万-1年 300万-20年間 課税所得500万-1年 500万-20年間
10,000円 24,000円 48万円 36,000円 72万円
15,000円 36,000円 72万円 54,000円 108万円
20,000円 48,000円 96万円 72,000円 144万円

ちなみに、課税所得400万であれば500万の場合と同じ金額です。
返ってくる金額に差があるのは、所得税の税率が300万だと10%ですが、500万だと20%なので返金額も大きくなります。また、住民税に関しては一律10%としています。

【スポンサードリンク】

掛金が5,000円だとメリットが小さい

個人型確定拠出年金(iDeCo)には毎年手数料が発生します。

株太iDeCoの手数料は金融機関によって異なりますが、年間で2,004円~8,000円程度かかるのが一般的です。

金額の内訳は、国民年金基金に年間1,236円と信託銀行に768円は一律固定で、更に申し込んだ金融機関ごとに手数料が加わります。また、これ以外にも初回だけ口座開設料として3,000円程度は発生します。

このように年間で2,004円~8,000円程度の固定費が発生する事を頭に入れておいてください。課税所得が300万で月5,000円の場合は税金の返金は12,000円、課税所得が190万なら9,000円ですので、金利等を考えないで口座費用を差し引くと残りの僅かしか残りません。

金額が5,000円~10,000円で考えている人が所得控除のメリットを得たい場合は、口座手数料が安い金融機関を選択した方が良いと思います。

参考までにiDeCoで口座管理手数料が安い金融機関としては、SBI証券楽天証券などがあります。ただし、金融機関の手数料が無料であっても、国民年金基金に年間1,236円と信託銀行に768円は一律固定ですので、年間約2,004円はどこの金融機関でも発生します。

●管理人が選択した金融機関

イデコ バナー

SBI証券 イデコ紹介


各金融機関で品揃えや条件が違います。気になる金融機関は一通り資料請求して、自分自身にあった金融機関を選択しましょう。(原則として勧誘等はありませんのでご安心ください)


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.