投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

安藤証券 IPO抽選方法

IPOの取扱数は少ない、でもIPO口座数も少ない

東海地区を基盤とする安藤証券は、インターネット口座である「美らネット24」でIPOの申し込みが可能です。今のところ年間のIPO取扱は数件という事もあり、IPO目的の口座開設者は他社と比べて極端に少ないと思われます。今後、主幹事などを行うようになれば高い当選率が期待されます。

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

安藤証券(美らネット24) 特徴と抽選ルール

●個人配分の10%以上が平等抽選

インターネット口座(美らネット24)には、個人配分の10%以上が1口座1抽選の完全平等方式で行われます。資金量や取引実績などは当選確率に全く関係ないので、誰でも当選の可能性があります。

【委託販売】
委託販売のIPOでは全数を抽選に回します。委託販売分が抽選にまわってくる事を考えると、今後は抽選の機会が多くなっていくと予想されます。
委託販売にて申し込みの場合、1日で期間終了ということがあるので注意してください。

耳より話《IPO当選への+α 穴場証券は?》
穴場証券の情報を読者から募ったところ、評判が高かったのが岩井コスモ証券、年間に20社以上のIPO取扱いがあるので穴場というより準レギュラーかな?
また、マネックス証券カブドットコム証券ライブスター証券GMOクリック証券は100%完全平等抽選の貴重な会社です。
●口座数が少なく、競争率が低い!?

IPOを取扱う証券会社の中では、極端に口座数が少ない会社です。口座数が少なく穴場証券と呼ばれる会社はいくつかありますが、その中でもダントツに口座数が少ないと予想させます。
今後、主幹事・幹事などに名前を並べてきた時は、当選の期待が大きく膨らむ会社です。

~管理人のアドバイス~

年間のIPO取扱い数を考えると、無理に口座開設の必要は無いと思います。
ただし、超穴場という事も間違いありません。また、口座開設に数週間かかるという話もあるので、興味がある人は事前に口座開設をしておくと良いでしょう。(幹事が発表されてからだと間に合わない)





サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.