投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

野村證券 IPO抽選方法

当選率は低いが、申し込みは資金不要!

野村證券は業界最大手であるため、IPOの取扱数・主幹事数は毎年トップ水準を維持しています。
しかし、富裕層への裁量配分に大半のIPOが流れてしまうため、一般の個人投資家からは「抽選に申し込んでも、当選する気がしない」という声が頻繁にあがっています。
ただし、申し込み資金が不要などのメリットもありますから、諦めずに申し込む事が大切です。
【関連】裁量配分と抽選配分 どっちが良い?

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

野村證券 特徴と抽選ルール

●資金0円でも申し込める!前受金が不要

IPOを申し込む時に資金が0円でもOKですので、全てのIPOに申し込みを行う事が可能です(当選・補欠の時に入金)。これは資金が少ない人にとっては最大の魅力だと思います。
※ネットからの抽選申し込みは、通常日程よりも期間が短いので注意してください。
【+α】岡三オンライン証券も資金0円でOK⇒岡三オンライン証券 IPO抽選方法

●主幹事数は毎年トップ水準

事実上、IPO取扱数・主幹事数とも1位を定位置としています。しかし、前節で書いた通りで一般的な個人投資家には厳しい状況があり、IPO株数が多い東証1部上場銘柄(上昇期待は小さい?)でないと、なかなか当選できないというのが現状だと思います。

●個人配分の約10%が抽選

個人配分の10%が完全平等抽選で機械的に行われます。
しかし国内最大とも言われる口座数と個人配分比率が通常の証券会社と比べてかなり低いと言われている事を考慮すると、当選確率はかなり低いと思ったほうが良いでしょう。

●野村ネット&コールがオススメ

「野村ホームトレード」と「野村ネット&コール」のどちらからでも申し込む事が可能ですが、先に申し込んだ口座だけが抽選対象になります。(2つの口座から申し込んでも抽選参加は1口座だけす。)
基本的にネットからの抽選申し込みしか行わないのであれば、手数料が安い「野村ネット&コール」を利用した方が良いと思います。

~管理人のアドバイス~

IPO当選が難しい証券会社ですが、可能性はゼロではありません。
宝くじ感覚で申し込みを継続している人の話では「2年に1度くらいなら当選も・・」という事でした。資金面の心配は無い証券会社ですので、値上がり期待が高いIPOを中心に片っ端から申し込みましょう。

IPO注目証券

耳より話《IPO当選への+α 穴場証券は?》
穴場証券の情報を読者から募ったところ、評判が高かったのが岩井コスモ証券、年間に20社以上のIPO取扱いがあるので穴場というより準レギュラーかな?
また、マネックス証券カブドットコム証券GMOクリック証券は100%完全平等抽選の貴重な会社です。小額資金でIPOの当選を目指す人は注目だと思います。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.