投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

SMBCフレンド証券 IPO抽選方法

ネット申し込みは、主幹事の時だけ可能

SMBCフレンド証券はIPOがネット(ヒントネット倶楽部)から申し込みができるのは主幹事の時だけとなっています。その為、あまりIPOだけの目的で口座開設をする人は少ないようです。しかし、2015年は複数のIPOで主幹事になり注目されています。

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

SMBCフレンド証券 特徴と抽選ルール

●過去のIPO取扱数は少ない、しかし2015年以降は・・

以下の表を見てのとおりで、過去は年に1度あったら良いぐらいでIPOに対しては消極的でした。それが2015年になったらリンバルとデジタル・インフォメーション・テクノロジーの主幹事に名乗りをあげましたので、IPOに対する会社の方針に変化があったのかもしれません?今後の動向が注目される会社です。
【以下は、SMBCフレンド証券 IPO取扱い数の推移】

2015年 2014年 2013年 2012年
●ステージ制を採用、10%以上が完全平等抽選

ステージ優遇制があり、預け資産や手数料の貢献度によってステージが分かれています。《ステージ A》が当選率が高く《ステージ B》、《ステージ C》と当選率が下がってきます。
多くの人は《ステージ C》だと思いますが、その場合の配分は全体(機関投資家分は除く)の10%となります。

《ステージ A》
基準となる月平均のお預かり総資産が5,000 万円以上、あるいは見直し月の直近 6カ月間の国内株式委託手数料30万以上のお客様。
《ステージ B》
ステージ A以外のお客さまで、基準となる月平均のお預かり総資産が3,000万円以上、あるいは見直し月の直近 6カ月間の国内株式委託手数料が10万以上30万未満のお客様。
《ステージ C》
ステージA・B以外のお客様。

~管理人のアドバイス~

IPOとしては2015年に入ってから注目が高まった証券会社です。基本的には店頭優遇なのでネット申し込みは主幹事の時しか対応していません。今後はどうなるのかわかりませんが、申し込みチャンスが限られている事を理解したうえで口座開設を行うようにしてください。

IPO注目証券

耳より話《IPO当選への+α 穴場証券は?》
穴場証券の情報を読者から募ったところ、評判が高かったのが岩井コスモ証券、年間に20社以上のIPO取扱いがあるので穴場というより準レギュラーかな?
また、マネックス証券カブドットコム証券GMOクリック証券は100%完全平等抽選の貴重な会社です。小額資金でIPOの当選を目指す人は注目だと思います。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.