投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

12月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

  • HOME »
  • »
  • 12月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

食事優待券や飲料の詰合せなど優待充実の月です

12月末を決算にする企業が増えた事で、優待ファンの間でも注目が高い月です。
マクドナルドなどの外食優待はもちろん、大手ビールメーカーの集中月でもあります。新春相場を控えている事もあり株価も好調が期待できる月です。

kaoru《いつまでに買えばいいの?》
2016年12の権利を得る為には12月27日までの購入が必要です。
※12月20日権利の銘柄は12月15日迄
管理人が注目するのは、「食事券系の4社」と「詰合せ系の6社」の合計10社です。
《2016年版》株主優待で得するのはどこ?証券会社の比較ランキング

12月の注目優待銘柄~厳選ピックアップ~

●日本マクドナルド 《JQ・2702》  権利月 6月・12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
309,500円
【優待利回り】
3%前後?
【配当利回り】
0.97%
100株で優待食事券を1冊が年2回貰えます。
※1冊の中身=バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品引換券が6枚

食事券等《管理人の独り言》
優待人気ランキングではベスト5の常連。優待食事券の価値は、1冊あたり最大5,000円程度とも言われており、それが100株保有で年2回配布は嬉しい!会社員のランチとしても大活躍の優待です。
不祥事が起きた時も株価の下げが限定的だったのは、優待ファンが継続保有したからかも?●会社HPはコチラ
●チムニー《東証1部・3178》  権利月 6月・12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
291,300円
【優待利回り】
3.4%
【配当利回り】
0.99%
100株保有で5,000円相当の食事優待券が年2回貰えます。自社オリジナル商品とも交換可能。
500株以上 食事券500円券×30枚  または 自社オリジナル商品セットなど
2018年以降は、9月末・3月末に権利月が変更

食事券等《管理人の独り言》
優待利回りが高い事で人気の銘柄。
チムニーは「はなの舞」「さかなや道場」を全国展開、傘下には話題の「豊丸水産」もあり今後の業績も期待!優待に関してはランチで利用するというサラリーマンが多いとか?または自社オリジナル商品も魅力的です。●会社HPはコチラ
●ペッパーフードサービス《マザーズ・3053》  権利月 6月・12月
【必要な株数】
300株
【必要な最小金額】
358,500円
【優待利回り】
1.67%
【配当利回り】
1.67%
300株で(1)お食事券(1,000円×3枚/1セット)または(2)自社販売商品

食事券等《管理人の独り言》
ショッピングモールなどではお馴染みの低価格ステーキ店「ペッパーランチ」を展開する企業です。それ以外にも「炭焼ステーキ・くに」「こだわりとんかつ・かつき亭」「炭焼ハンバーグ・くに」「太陽の家族・くに」「美味浅草とんてき」も展開しているので、利用価値が高い優待です。企業HPの店舗一覧で近くのお店をチェックです!会社HPはコチラ
株価の動きを気にせず“優待だけが貰える裏技”が人気。その方法は簡単!
●三光マーケティングフーズ《東証2部・2762》  権利月 6月・12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
96,900円
【優待利回り】
6.2%
【配当利回り】
1.65%
100株保有で3,000円相当の食事優待券が年2回貰えます。お米1キロとも交換可能。
200株保有:6,000円分または米3kgが年2回

食事券等《管理人の独り言》
格安居酒屋「金の蔵jr」、旬の旨味処、個室居酒屋「東方見聞録」、「月の雫」などを経営している会社です。超が付くほど高い優待利回りですが、さらに驚くのはぐるなび、ホットペッパーなどのクーポンとも併用可能な点。激安で有名な「金の蔵jr」で飲食ならば、ほとんど無料になる可能性も?●会社HPはコチラ
●鳥越製粉《東証1部・2009》  権利月 12月
【必要な株数】
500株
【必要な最小金額】
394,000円
【優待利回り】
1.02%
【配当利回り】
1.52%
500株保有で自社の小麦粉を使用した特製「そうめん」1箱(4,000円相当)

商品詰合せ《管理人の独り言》
九州を基盤とする製粉会社で、日本で初めてフランスパン専用小麦粉を発売した事でも有名です。株主優待のそうめんは非売品で、株主だからこそ味わう事ができる極上の味。昔は100株から優待対象でしたが途中から500株に条件改悪!しかし絶品と噂される“そうめん”の評価は高く現在も人気の銘柄です。●会社HPはコチラ
●キリンホールディングス《東証1部・2503》  権利月 12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
181,500円
【優待利回り】
0.55%
【配当利回り】
2.10%
100株保有で『酒類の詰め合わせ』『清涼飲料の詰め合わせ』など6種類から選択(1,000円相当)
①47都道府県の一番搾り詰め合わせセット(合計4本)②清涼飲料の詰め合わせ(合計7本)
③キリンシティお食事券(1,000円相当)④サッカー日本代表応援グッズ:マフラータオル
⑤「キリン飲酒運転根絶募金」へのご寄付(1,000円)

商品詰合せ《管理人の独り言》
12月はビールメーカー大手の決算日が集中しますので、ビール好きには嬉しい優待が勢揃い。
各社とも優待には注力していますが、『優待+配当利回り、最低金額の低さではキリンの優位性が高いと思います。もっとも、利回りや金額よりも味の好みで選ぶ人が多いかも?●会社HPはコチラ
【はじめての資産運用】口座開設キャンペーン実施中!期間限定の特別企画。
●カゴメ《東証1部・2811》  権利月 6月・12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
264,100円
【優待利回り】
0.75%
【配当利回り】
0.83%
100株保有で1,000円相当の自社製品が年2回貰えます。
例年は、「野菜生活100」の新製品やトマト関連食材が詰合せで贈られています。

1,000株保有:3,000円相当の自社製品が年2回

商品詰合せ《管理人の独り言》
株主優待を早い段階から取り入れ、長きにわたって継続しています。
優待に対して非常に精力的で、ファンが多い事でも有名。
年2回贈られ来る優待は新製品や注力商品の詰合せで「美味しくて健康になれる」と好評を得ています。権利日の直前は株価が高くなる傾向があるので気をつけて!?●会社HPはコチラ
●ミルボン《東証1部・4919》  権利月 12月20日
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
462,000円
【優待利回り】
約2%
【配当利回り】
1.69%
100株保有で10,000円~12,000円相当の自社製品。
(例年シャンプーやトリートメント等のセットが多い)

商品詰合せ《管理人の独り言》
ミルボンは美容室向けヘア化粧品専業でトップ企業で、パーマ材ほか業務用ヘアケア品製造・卸をしている企業です。優待は自社製品で、約1万円の高級シャンプー&トリートメント等のセットが多いので女性は大注目だと思います。権利日が12月20日と他企業よりも早いの穴場銘柄かもしれません。会社HPはコチラ
●アース製薬《東証1部・4985》  権利月 6月・12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
470,500円
【優待利回り】
0.85%
【配当利回り】
2.44%
100株保有で2,000円相当の自社製品が年2回貰えます。
芳香剤や虫除けなどの生活必需品が送られてきます。

6月は1,000株以上の株主は3,000円相当にランクアップ。

商品詰合せ《管理人の独り言》
園芸用の殺虫剤メーカーですが、入浴剤の「バスロマン」や洗口液の「モンダミン」など幅広い商品を扱っています。
年2回の優待は多彩の商品アイテムを活用して、春と秋では内容が変わるシステム。春は殺虫剤、秋は入浴剤など季節に合わせたキメ細かい配慮があるのも人気が高い理由です。●会社HPはコチラ
●電算システム《東証1部・3630》  権利月 12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
170,500円
【優待利回り】
1.76%
【配当利回り】
1.41%
東濃地方を主とした特産品(3,000円相当)の中から1つを選択
①明方ハムセット②ドイツ製法手作りソーセージ詰め合わせ(数量限定)
③国産と世界の人気はちみつセット④道三吟雪花至福の詰合せ「花」(お酒)
⑤美濃美醤 極 醤油セット⑥岐阜県産子持ち鮎(養殖約10尾)(冷凍)⑦龍の瞳(お米3kg)

商品詰合せ《管理人の独り言》
岐阜に本社を置く情報処理サービス開発の中堅会社です。
東濃地方を主とした特産品は毎年内容に変更があるので楽しみ。管理人は『岐阜県産子持ち鮎』に興味津々です(笑)
毎年優待の内容が変わるのが魅力です。以前は3,000円のクオカードや野菜セットなどもありました。●会社HPはコチラ
《おまけ 投資家向け優待》
●GMOインターネット《東証1部・9449》  権利月 6月・12月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
159,800円
【優待利回り】
15.01%
【配当利回り】
1.25%
総額12,000円程度のサービスが年2回
① おトクなクーポンサイトGMOくまポンギフト券2,000円分
② GMOクリック証券におけるGMOインターネット株式の買付手数料相当額のキャッシュバック
③GMOクリック証券における売買手数料上限5,000円をキャッシュバック
④自社グループが提供する各種サービスの利用料5,000円分

金券等《管理人の独り言》
事業はインターネットインフラ、広告、証券等を展開。GMOクリック証券は投資を行う人にとっては手数料が安い会社として有名です。優待を利用すれば証券手数料が年間で10,000円キャッシュバック(半年5,000円)なので、一般的な個人投資家の取引回数ならば、手数料は事実上の0円となる可能性が高いと思います。会社HPはコチラ

【注意】株価データは2016年11月25日(一部除外)を基準としています。株価は日々変動しますので数値に関しては目安程度だとお考え下さい。

《pick up》優待狙いでは必須?カブドットコム証券は最有力候補!

~管理人コメント~ 売買手数料○ 優待検索画面○ 優待クロス取引◎
kaoru株主優待ファンから圧倒的に人気が高い証券会社です。優待の検索機能が充実している事は勿論ですが、「クロス取引」という“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”では他社よりも格段に優位性が高いと言えます。売買手数料も業界最安値水準ですので優待をメインに取引をするならば第一候補だと思います。
カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

カブコムバナー

カブコム 300×200


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.