投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

2月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

  • HOME »
  • »
  • 2月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

流通業の決算が集中する2月は、優待の宝庫

2月の株主優待は、イオンや吉野家ホールディングスなど「S級クラスの優待」が多くあります。
この月は、お昼代の節約でサラリーマン投資家の参戦率が高い月でもあります。

kaoru《いつまでに買えばいいの?》
2016年2月 株主優待の権利を得る為には2月24日までの購入が必要です。
※権利確定日が2月15日の銘柄は2月9日、2月19日の銘柄は2月16日が期限
管理人が注目するのは、「割引系2社」と「食事券系4社」の合計6社です。
《2016年版》株主優待で得するのはどこ?証券会社の比較ランキング

2月の注目優待銘柄~厳選ピックアップ~

●イオン 《東証1部・8267》  権利月 2月・8月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
153,050円
【優待利回り】
【配当利回り】
配当1.83%
100株で買い物金額の3%返金。1000株なら5%!
100株-3%、500株-4%、1000株-5%、3000株-7%

金券等《管理人のヒトリゴト》
「超」が付くほどの人気優待といえば、総合流通グループのイオンです。
お買い物金額のの一部が保有株数に応じてキャッシュバックされる嬉しい優待カードです(100株3%、500株4%、500株5%、3000株7%)。
しかも「お客様感謝デー5%割引」との重複利用が可なのが嬉しい!
3年以上の長期保有ならば自社ギフトカードも進呈されます(1000株~)
●スギホールディングス《東証1部・7649》  権利月 2月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
608,000円
【優待利回り】
0.49%
【配当利回り】
0.66%
100株で、スギ薬局全店で使える買い物5%割引の株主優待カード+3000円の買い物優待券
1000株で5%割引の株主優待カード+5000円の買い物優待券
買い物優待券は自社指定商品との交換も可能

金券等《管理人のヒトリゴト》
全国の約1000店舗のスギ薬局で使える優待券3000円に加えて、買い物5%割引の優待カードまで貰える太っ腹企画!
ドラッグストアは、薬は勿論ですが日用品まで幅広い品揃えとなっていますので、近くにスギ薬局があるならば大注目の優待です。
業績も右肩あがりなので、優待が無くても注目の銘柄と言えそうです。
株価の動きを気にせず“優待だけが貰える裏技”が人気。その方法は簡単!
●吉野家ホールディングス《東証1部・9861》  権利月 2月・8月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
139,400円
【優待利回り】
4.3%
【配当利回り】
1.43%
100株保有で3000円相当(300円×10枚)のサービス券が年2回。
1000株-6000円分×年2回 2000株ー12000円分×年2回

食事券等《管理人のヒトリゴト》
吉野家も大人気優待の一つで、サラリーマンが、お昼代の節約の為に長期保有するケースも多く見られます。
100株保有で3000円相当のサービス券が年2回も貰えるのだから人気は当然と言えます。(商品詰合せの交換も可)
また、吉野家以外でも京樽やはなまるうどんでも利用可能です。
●大庄《東証1部・9979》  権利月 2月・8月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
143,000円
【優待利回り】
3.50%
【配当利回り】
0.98%
100株保有で2500円相当の優待飲食券または産地直送特産品等が年2回貰えます。
500株-5000円分×2回 1000株-10000円分×2回
特産品は紀州南高梅干、新潟産コシヒカリなど

食事券等《管理人のヒトリゴト》
会社帰りに居酒屋で一杯という人には、嬉しい優待です。
「症や」「やるき茶屋」など首都圏を中心に約800店の居酒屋チェーンを展開しています。年間で5000円相当の優待は嬉しすぎです!
また、居酒屋に行かない人に関しては産地直送の特産品とも交換できるので優待がムダになる事はありません。
【はじめての資産運用】口座開設キャンペーン実施中!期間限定の特別企画。
●プレナス《東証1部・9945》  権利月 2月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
177,700円
【優待利回り】
1.4%
【配当利回り】
3.38%
100株保有で2500円相当の買い物優待券。「ほっともっと」「やよい軒」などで使用可。
1000株-5000円分

食事券等《管理人のヒトリゴト》
プレナスという社名は知らない人も、お弁当の「ほっともっと」と聞けば分かると思います。
「年1回、2500円相当の買い物券」で若干見劣りしますが、配当と合わせれば、その魅力はトップクラスです。「ほっともっと」以外にも和定食屋「やよい軒」や「MKレストラン」でも利用可能です。
●ドトール・日レスホールディングス《東証1部・3087》  権利月 2月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
182,300円
【優待利回り】
0.55%
【配当利回り】
1.54%
100株以上1000円分のドトールバリューカード。
300株-3000円分、500株ー5000円分のドトールバリューカード
※全国のドトールコーヒーショップ各店舗の取扱商品全ての購入に10ポイント=10円単位で利用可です。

食事券等《管理人のヒトリゴト》
コーヒー好きの人は大注目。全国のドトールコーヒーで利用できるプリペイド式のカードが貰えます。(100株で1000円分)
また、店舗改装で既存店が好調なので値上げリ益にも期待したいところです。余談ですが、管理人は仕事でドトールを利用する事が多く、1年で10万円近い金額を使っていた事が判明!(笑)

【注意】株価データは2016年1月22日を基準としています。株価は日々変動しますので数値に関しては目安程度だとお考え下さい。

《pick up》優待狙いでは必須?カブドットコム証券は最有力候補!

~管理人コメント~ 売買手数料○ 優待検索画面○ 優待クロス取引◎
kaoru株主優待ファンから圧倒的に人気が高い証券会社です。優待の検索機能が充実している事は勿論ですが、「クロス取引」という“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”では他社よりも格段に優位性が高いと言えます。売買手数料も業界最安値水準ですので優待をメインに取引をするならば第一候補だと思います。
★優待以外も魅力⇒カブドットコム証券の注目ポイント

カブコムバナー

カブコム 300×200


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.