投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

7月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

  • HOME »
  • »
  • 7月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

1年でもっとも優待が少ない月、権利落ち後の株価に注意

7月の優待は約20社程度しかなく1年でもっとも優待が少ない月です。
優待の関心度が低い反面、優待目的の投資家が数銘柄に集中するので思ったよりも競争率が高くなります。

kaoru《いつまでに買えばいいの?》
2016年7月 株主優待の権利を得る為には7月26日までの購入が必要です。
管理人が7月の株主優待で注目するのは、「詰合せ系2社」、「金券系2社」、「割引き系1社」、「食事券系1社」の合計6社です。
《2016年版》株主優待で得するのはどこ?証券会社の比較ランキング

7月の注目優待銘柄~厳選ピックアップ~

●ダイドードリンコ《東証1部・2590》  権利月 1月20日・7月20日の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
518,000円
【優待利回り】
1.16
【配当利回り】
1.16%
100株以上で3,000円相当の自社製品詰合せが年に2回貰えます。

商品詰合せ《管理人のヒトリゴト》
ダイドードリンコは、の詰合せ優待の中では指折りの人気銘柄です。
豊富な飲料系商品を製造していることもあり、年2回届けられる優待は「飲料やゼリーが20種類」とバラエティ豊富です。
また、株主販売専用サイトからは、企業製品を特別価格で購入できる特典もあります。●会社HPはコチラ
●オーエムツーネットワーク《ジャスダック・7614》  権利月 1月・7月の年2回
【必要な株数】
500株
【必要な最小金額】
613,000円
【優待利回り】
0.49
【配当利回り】
1.96%
7月は500株で3,000円相当の自社オリジナルギフト商品(ハム等)
100株以上保有で年2回、自社オリジナルギフト商品を30%割引価格で販売。

商品詰合せ《管理人のヒトリゴト》
中国地方発祥の食肉小売業で外食事業へ展開を拡大しています。
100株保有でも「ギフト商品を30%割引価格で購入」という特典がありますが、注目は7月の500株保有で3,000円相当の自社製品(ハム・ソーセージ等)だと思います。また「アウトバックステーキハウス」で食事券として利用することも可能です。●会社HPはコチラ
株価の動きを気にせず“優待だけが貰える裏技”が人気。その方法は簡単!
●稲葉製作所《東証1部・3421》  権利月 1月・7月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
123,700円
【優待利回り】
0.81%
【配当利回り】
1.94%
100株で図書カード1,000円分、300株ならば図書カード3,000円相当と地域特産品との選択
1月は1,000株以上保有している人を対象に、図書カード1,000円分が贈られます。

金券等《管理人のヒトリゴト》
優待は年2回ですが、1月は1,000株以上の保有が条件になっている点に注意しましょう。
物置やオフィス家具の製造と販売をしている会社で「100人乗っても大丈夫」CMフレーズが有名。消費増税前に駆け込み需要が期待されていたので、延期は痛手か?●会社HPはコチラ
●丸善CHIホールディングス《東証1部・3159》  権利月 7月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
36,100円
【優待利回り】
2.77%
【配当利回り】
100株で1,000円のお買い物優待券が貰えます。
全国の丸善、ジュンク堂書店の店舗で利用可能

金券等《管理人のヒトリゴト》
管理人のような本好きには、とても嬉しい優待です。
そして優待獲得に必要な金額が、5万円以下なので気楽にチャレンジできる点は2重丸。
100株の場合、株価が330円くらいで購入すれば優待利回りが3%なることを頭に入れておくと良いでしょう。●会社HPはコチラ
【はじめての資産運用】口座開設キャンペーン実施中!期間限定の特別企画。
●モロゾフ《東証1部・2217》  権利月 1月・7月の年2回
【必要な株数】
1000株
【必要な最小金額】
417,000円
【優待利回り】
【配当利回り】
0.96%
「モロゾフ」で使える、買い物20%割引券が年2回貰えます。

食事券等《管理人のヒトリゴト》
高級洋菓子として有名なモロゾフで利用可能です。
「家の近くにモロゾフはありません」という人も安心してください、この割引券は「モロゾフ・オンラインショップ」でも利用可能です。
また、1,000株以上を3年以上継続保有していると年1回2,000円相当の同社商品が贈られてきます。●会社HPはコチラ
●鳥貴族《東証1部・3193》  権利月 1月・7月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
190,400円
【優待利回り】
1.05
【配当利回り】
0.32%
100株で1,000円相当の優待食事券を年2回。
300株で3000円相当×年2回、500株で5000円相当×年2回の優待食事券

食事券等《管理人のヒトリゴト》
焼き鳥屋「鳥貴族」はサラリーマンを中心に人気が高い格安居酒屋で、全国に新店舗を急拡大中です。その特徴は全メニューを税抜き280円で提供するという驚きの低価格。
また、社長の息子さんである大倉忠義さんが関ジャニ∞のメンバーという事もマスコミで話題になりました。●会社HPはコチラ

【注意】株価データは2016年6月24日を基準(一部除く)としています。株価は日々変動しますので数値に関しては目安程度だとお考え下さい。

《pick up》優待狙いでは必須?カブドットコム証券は最有力候補!

~管理人コメント~ 売買手数料○ 優待検索画面○ 優待クロス取引◎
kaoru株主優待ファンから圧倒的に人気が高い証券会社です。優待の検索機能が充実している事は勿論ですが、「クロス取引」という“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”では他社よりも格段に優位性が高いと言えます。売買手数料も業界最安値水準ですので優待をメインに取引をするならば第一候補だと思います。
★優待以外も魅力⇒カブドットコム証券の注目ポイント

カブコムバナー

カブコム 300×200


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.