投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

3月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

  • HOME »
  • »
  • 3月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

優待クライマックス!優待銘柄が年間最大数

3月の株主優待は、約600件と最大数を誇ります。
いろいろな優待があるため、注目度が非常に高く権利確定日が近づくと株価が乱高下する傾向があります。ギリギリで仕込むよりも3ヶ月程度前から少しづつ仕込む方が安心かもしれません。

kaoru《いつまでに買えばいいの?》
2016年3月 株主優待の権利を得る為には3月28日までの購入が必要です。
※権利確定日が3月15日の銘柄は3月10日、3月18日の銘柄は3月15日が期限
管理人が注目するのは、「金券系の2社」、「食事・優待券系の3社」、「準金券系の2社」、「詰合せ系1社」で合計8社になります。
《2016年版》株主優待で得するのはどこ?証券会社の比較ランキング

3月の注目優待銘柄~厳選ピックアップ~

●日本商業開発《東証1部・3252》  権利月 3月・9月の年2回
【必要な株数】
300株
【必要な最小金額】
653,700円
【優待利回り】
0.92%
【配当利回り】
配当2.07%
300株以上の保有で、ジェフグルメカード3000円分が年2回貰えます。
★700株以上の保有で、ジェフグルメカード6000円分が年2回貰えます

金券等《管理人のヒトリゴト》
日本商業開発は、テナントによる商業施設建設を前提に底地取得、売却益を収益としています。
優待はジェフグルメカードで魅力的ですが、300株からという事で敬遠されがちです。3月は優待銘柄が豊富ですが、その中では穴場的な存在で面白いと思います。
●スズデン《東証1部・7480》  権利月 3月
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
111,000円
【優待利回り】
0.90%
【配当利回り】
4.05%
100株保有で1000円のクオカード

金券等《管理人のヒトリゴト》
スズデンは、工場の自動・省力化を支える「FA用制御機器」を主力に事業展開している技術商社です。
この企業は優待銘柄としてよりも高配当銘柄として有名。優待+配当の利回りは4%を大きく超えるのが魅力です。100株であれば10万円以下で購入できるので、管理人も注目している銘柄です。
●エスクリ《東証1部・2196》  権利月 3月・9月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
53,500円
【優待利回り】
3.74%
【配当利回り】
2.24%
100株保有で1,000円のクオカードが年2回。

金券等《管理人のヒトリゴト》
ブライダル事業が中心の企業です。大都市圏の『駅ビル・駅チカ』と呼ばれる利便性の高い場所に式場を設けたり、ドレスやヘアメイクなどを外部委託せず自社で実施するなど革新的な展開。ただし、日本の人口減少&結婚率の低下を考えると業界には向かい風が吹いています。
優待獲得の金額ハードルが低いのが嬉しい。
株価の動きを気にせず“優待だけが貰える裏技”が人気。その方法は簡単!
●コロワイド《東証1部・7616》  権利月 3月・9月の年2回
【必要な株数】
500株
【必要な最小金額】
899,500円
【優待利回り】
4.45%
【配当利回り】
0.28%
500株以上の保有で1万円分のポイントが年4回貰える

食事券等《管理人のヒトリゴト》
「和・洋・中」の幅広い食事業を展開(手作り居酒屋「甘太郎」やイタメシヤ「ラ・パウザ」など)
3.6.9.12月に1万ポイントを発行。年間で4万円相当にの超・大盤振る舞い優待です。(家族層からの人気が高い優待)
優待獲得には500株以上が条件なので、金額負担はやや大きい。
●アトム《東証2部・7412》  権利月 3月・9月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
69,500円
【優待利回り】
5.76%
【配当利回り】
0.29%
100株以上で2,000円分のポイントが年2回貰える
500株-10,000円分のポイント×2回 1,000株-20,000円分×2回

食事券等《管理人のヒトリゴト》
東海地方を中心に回転寿司の「アトムボーイ」や和食の「えちぜん」を展開しています。注目はコロワイドの傘下企業であるため、そちらでもポイントが使用できる点です。上記でコロワイドを紹介した際に、金額負担が大きいと書きましたが、こちらならば10万円以下で購入できて、優待利回りが高いというオマケまで付きます。
●ゼンショー《東証1部・7550》  権利月 3月・9月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
141,100円
【優待利回り】
1.42%
【配当利回り】
0.57%
100株以上で1,000円相当(500円×2枚)の優待券が年2回貰えます
300株-3,000円相当×年2回 500株ー6,000円相当×年2回
優待券3,000円分1冊につき、「十勝牛ビーフカレー」「トロナピッツァ」「すき家牛丼の具」等の1セットと代替が可能

食事券等《管理人のヒトリゴト》
牛丼チェーンの「すき屋」、ファミレス「ココス」や「はま寿司」など利用店舗が多いのが魅力です。この優待目当てにサラリーマンが長期保有するケースが多いのが特徴です。牛丼の「吉野家」と合わせて保有している人も!人気優待銘柄なので、「直前買いで高値掴み」や「権利確定以降の急落」には気をつけたい。
【はじめての資産運用】口座開設キャンペーン実施中!期間限定の特別企画。
●ANAホールディングス《東証1部・9202》  権利月 3月・9月の年2回
【必要な株数】
1000株
【必要な最小金額】
320,900円
【優待利回り】
2.0%程度?
【配当利回り】
1.56%
①国内営業全路線の片道区間が50%割引になる株主優待番号ご案内書
②「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン」の20%割引券6枚、ANA国内・海外ツアーの7%割引等がついた優待券

1000株以上【①1枚②1冊】を年2回 2000株以上【①2枚②1冊】を年2回

金券等《管理人のヒトリゴト》
株主優待番号のご案内書は、空席があれば1年中利用可能です、つまり通常割引が無い「お正月」や「ゴールデンウィーク」も国内ならば半額利用が可能という事です。
金券ショップに持ち込めば3000円程度で引き取っても貰えるケースもあります(スクラッチを削ったものは不可)
●オリエンタルランド《東証1部・4661》  権利月 3月・9月の年2回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
796,100円
【優待利回り】
1.0%程度?
【配当利回り】
0.44%
100株以上の保有で1デーパスポートが1枚(3月のみ)
400株以上で1枚×年2回 800株以上で2枚×年2回

金券等《管理人のヒトリゴト》
「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」で利用可能な1デーパスポートが貰えます。2015年の株式分割で優待に必要な金額が大きく低下してました。
800株保有だと半年毎に2枚もらえるので、家族や友達、カップルで使用もいいかも!?
●ホクト《東証1部・1379》  権利月 3月の年1回
【必要な株数】
100株
【必要な最小金額】
205,000円
【優待利回り】
-%
【配当利回り】
2.88%
100株保有で自社きのこの詰合せセットを贈呈
発送は10~11月

商品詰合せ《管理人のヒトリゴト》
管理人はキノコが大好!優待が届くのが半年以上も先なんで不意打ちのように届きます(これが、得した気分になります・・笑)
また、優待だけでなく、配当が高めなのも魅力です。
お鍋の季節になると株価が上がってくる事が多いので、夏に仕込んで冬に売る戦略の人もいるそうです!?

【注意】株価データは2016年3月18日を基準としています。株価は日々変動しますので数値に関しては目安程度だとお考え下さい。

《pick up》優待狙いでは必須?カブドットコム証券は最有力候補!

~管理人コメント~ 売買手数料○ 優待検索画面○ 優待クロス取引◎
kaoru株主優待ファンから圧倒的に人気が高い証券会社です。優待の検索機能が充実している事は勿論ですが、「クロス取引」という“株価の動きを気にせず、優待が貰える裏技”では他社よりも格段に優位性が高いと言えます。売買手数料も業界最安値水準ですので優待をメインに取引をするならば第一候補だと思います。
★優待以外も魅力⇒カブドットコム証券の注目ポイント

カブコムバナー

カブコム 300×200


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.