投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

金融機関の変更方法

NISA口座の金融機関は、年単位で変更可能です。

2015年の制度改正により、NISA口座の金融機関を年単位で変更することが可能になりました。
現在開設中の金融機関に対して「買いたい商品が無い」「手数料が高い」などの不満がある人は、検討してみてください。

金融機関を変更する手順

各金融機関によって若干の違いはありますが、基本的に変更方法は同じです。
今回は、NISA口座キャンペーンが注目されているマネックス証券さんの例をとって説明します。

ステップ1 現在の金融機関から、「勘定廃止通知書」を受け取る

NISA口座の金融機関の変更を行うためには、「勘定廃止通知書」 の提出が必要です。
この書類は、現在の金融機関に「NISA口座の変更したい」旨を連絡すれば郵送してくれます。

ステップ2 マネックス証券にNISA口座の開設の申込みを行う

マネックス証券のウェブサイトより、NISA口座の開設をお申込みください。後日、必要書類が送られてきます。
※取引がはじめての場合は、NISA口座開設の前に証券総合取引口座を開設する事が必要

ステップ3 必要書類を郵送する

ステップ1で取り寄せた「勘定廃止通知書」とNISA口座開設にかかる必要書類をマネックス証券に郵送してください。

ステップ4 証券会社・税務署が書類等の確認⇒変更完了

金融機関で書類の確認および税務署への申請を行います。税務署での確認や手続きが終了したら、口座開設完了となります。
※税務署での確認には一定期間がかかります。1~2ヶ月程度を目安としてください。

【参考情報】R&Iファンド大賞2016 NISA部門

金融機関変更での注意点

●新しい年に入ってから、1回でもNISA口座で投資をすると、その年は別の金融機関に変更はできません。投信積立などを利用されている人は注意してください。

●新しい年にNISA口座の金融機関変更を行っても、以前の非課税枠で購入した商品については、新しい金融機関のNISA口座へ移管することはできません。変更前の購入分は引き続き、以前の金融機関のNISA口座で保有することになります。

pick up! :マネックス証券は投資経験が浅い人に注目の会社

~管理人コメント~ (詳細:マネックス証券の注目ポイント)
kaoru“投資は難しいというイメージを払拭”する為に、分かりやすさ、見やすさを追求しています。また「投資情報」のレベルが高いので、投資初心者には大きなサポートになると思います。(毎日のメール配信や無料オンラインセミナーが充実)
また、純金積立や米国株取引など、注目度が高い投資でも業界トップ水準です。

資産運用サポートが充実 マネックス証券
投資情報が満載で初心者も安心!

●メール配信される情報は、良質なものが多く投資の味方。
●手数料も業界最安値水準で取り扱い商品も豊富。
●ネットで見れる無料セミナーは個人投資家から大好評。
●純金積立(マネックス・ゴールド)も開始で魅力UP。

詳しい情報・資料請求>>マネックス証券
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.