投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

なるほど!ジュニアNISA(ジュニアニーサ)

「ジュニアNISA」は、未成年を対象としたNISAです。

2016年4月から未成年を対象として小額非課税制度(ジュニアNISA)が開始。
一般的なNISAは、老後資金や生活資金を目的に運用する人が多いのですが、ジュニアNISAの運用で期待できるのは、将来の大学資金という人が多いと思います。

今までの教育資金の準備と言えば、定期預金や学資保険が定番だったのですが、現在の超低金利では物価などがグングン上昇した場合には実質的には目減りする可能性もあります。

一般的に大学受験前には200万~300万以上の確保が望ましいと言われているので、ジュニアNISAの投資額の上限は400万(年80万×5年)と充分な水準です。元本保証の商品では無いのでこれだけに固執するのも心配な面もありますが、有効な選択枝の一つだと思います。

一般のNISAとジュニアNISAは、ルールがちょっと違う!

ジュニアNISAも株式や投資信託の運用益が非課税になる点や非課税期間が最長5年(繰越もOK)は従来のNISAと変わりがありません。ただし、上限金額などの細かなルールで差異があるので、下の表で確認してください。

NISA ジュニアNISA
対象年齢 20歳以上 0~19歳
運用者 本人 親(または代理人)
投資上限 年間120万 年間80万
払い出し いつでもOK 18歳まではNG
金融機関 1年ごとに変更可 変更不可

特に注意して欲しいのが黄色の部分です。18歳未満で払い出した場合は課税対象になりますので、余裕資金で行うのが鉄則。また、いったん金融機関の口座を開設すると原則として変更ができないので、ここはシッカリと選択して欲しいと思います。

【参考情報】R&Iファンド大賞2016 NISA部門

銀行はNG?総合証券が有力候補

いったん金融機関で口座開設すると原則として変更が不可能とい点を考えると、銀行口座などでは株式やETFは取り扱えないので、あまりおススメしません。ジュニアNISAの対象である“株式やETF、投資信託など”に強い総合証券を選ぶ方が無難です。

そういった事を含めて考えると、投資信託に強みがあるSBI証券やETF&株式手数料に魅力があるカブドットコム証券、投資初心者から人気が高いマネックス証券などが候補だと思います。

pick up! :マネックス証券は投資経験が浅い人に注目の会社

~管理人コメント~ (詳細:マネックス証券の注目ポイント)
kaoru“投資は難しいというイメージを払拭”する為に、分かりやすさ、見やすさを追求しています。また「投資情報」のレベルが高いので、投資初心者には大きなサポートになると思います。(毎日のメール配信や無料オンラインセミナーが充実)
また、純金積立や米国株取引など、注目度が高い投資でも業界トップ水準です。

資産運用サポートが充実 マネックス証券
投資情報が満載で初心者も安心!

●メール配信される情報は、良質なものが多く投資の味方。
●手数料も業界最安値水準で取り扱い商品も豊富。
●ネットで見れる無料セミナーは個人投資家から大好評。
●純金積立(マネックス・ゴールド)も開始で魅力UP。

詳しい情報・資料請求>>マネックス証券
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.