投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

ベビーファンドとは?

投資方針を決定・調整する役割

ファミリーファンド方式を採用している投資信託は、「ベビーファンド」と呼ばれる投資信託を購入し、ベビーファンドがマザーファンドに投資をする仕組みになっています。(皆さんが購入するのはベビーファンドです)

※「一般社団法人 投資信託協会」HPより抜粋
ファミリーファンド

つまりベビーファンドは、実質的には運用は行っていません。マザーファンドの組入比率を、投資方針に合わせて調整することが主な役割になります。 ※投資家がマザーファンドを直接購入することは原則できません。

ファミリーファンド方式の場合、皆さんがが購入する投資信託はベビーファンドですが、マザーファンドの運用成果がとても重要になります。


関連用語  ●ファミリーファンドって何? ●マザーファンドとは?


投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

pick up! フィデリティ証券 :投資信託が中心の専門証券

~管理人コメント~ (詳細:フィデリティ証券の注目ポイント)
kaoru事実上の投資信託の専門と言っても良い会社です。同グループの投信はファンド大賞の常連といった存在です。NISAの条件が魅力的だったり、プロが選出する「ザ・セレクト」など、専門性が高いサービスが充実。資産状況や各ファンドのリスクが分かり易いので、投資経験が浅い人に嬉しい会社だと思います。

世界有数の資産運用グループ フィデリティ証券
新規開設で投信の購入手数料が3ヵ月間無料 

●投資信託のプロが選んだ500本以上のファンド購入が可能。
●プロが厳選する「ザ・セレクトリスト」は投信探しの大きな味方。
●マイページはポートフォリオの管理が簡単で見やすい。
●NISA口座はファンド購入時手数料がいつでも、ずっと無料!。

詳しい情報・資料請求>>フィデリティ証券

 

投資信託

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

投資信託

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.